『キングオブコント』決勝進出10組決定 ニッポンの社長、蛙亭、や団ら 7年ぶりラブレターズも

16

2023年09月27日 21:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『キングオブコント2023』ファイナリスト(C)TBS
 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント2023』のファイナリスト10組が27日、発表された。蛙亭、カゲヤマ、サルゴリラ、ジグザグジギー、ゼンモンキー、ニッポンの社長、ファイヤーサンダー、や団、ラブレターズ、隣人(50音順)が決勝へと駒を進めた。

【写真】山里亮太がすべてを面白く!緊張するファイナリストたち

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で15回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコ、どぶろっく、ジャルジャル、空気階段、ビスケットブラザーズが名を連ねる。

 昨年に続き4回目の出演となるニッポンの社長、7年ぶり4回目となるラブレターズ、10年ぶり3回目となるジグザグジギー、2年ぶり2回目となる蛙亭、昨年3位のや団に加え、カゲヤマ、サルゴリラ、ゼンモンキー、ファイヤーサンダー、隣人が決勝初出場をかなえた。即席ユニットでの決勝進出組はなかった。

 山里亮太(南海キャンディーズ)がMCを務めた『ファイナリスト記者会見』では、それぞれが大会への意気込みや優勝後にやりたい仕事をアピールした。ラブレターズの溜口佑太朗は「7年ぶりなので、本当に久々でめちゃくちゃうれしいです」と喜びをストレートに表現。サルゴリラの児玉智洋は「幼稚園から(相方と)一緒で40年負け続けてきてやっとね」と赤羽健壱と顔を見合わせてにっこり。カゲヤマの益田康平は「初出場なので生意気ですが、優勝を狙わせていただきます」と静かに闘志を燃やした。

 決勝大会は、10月21日放送のTBS系大型特番『お笑いの日2023』内で午後7時から放送される。審査員は、一昨年から同様に松本人志(ダウンタウン)、飯塚悟志(東京03)、小峠英二(バイきんぐ)、秋山竜次(ロバート)、山内健司(かまいたち)が担当する。大会史上最多エントリー3036組の頂点に立ち、キングの称号と優勝賞金1000万円を手にするのはどの組か。

■『キングオブコント2023』ファイナリスト※50音順
蛙亭(2回目)/カゲヤマ(初)/サルゴリラ(初)/ジグザグジギー(3回目)/ゼンモンキー(初)/ニッポンの社長(4回目)/ファイヤーサンダー(初)/や団(2回目)/ラブレターズ(4回目)/隣人(初)

このニュースに関するつぶやき

  • 秋山さんって審査の時「僕の批評、間違ってないですよね。」っていう感じで松本さんの方をチラチラ見てしゃべるのを止めて欲しいわ・・・。
    • イイネ!4
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定