『ウルトラマンブレーザー』10月カット ガヴァドンが58年ぶりに復活 ゲントの息子と出会う

98

2023年09月28日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ウルトラマンブレーザー』第15話より(C)円谷プロ (C)ウルトラマンブレーザー製作委員会・テレビ東京
 テレビ東京系で放送の最新テレビシリーズ『ウルトラマンブレーザー』(毎週土曜 前9:00)の10月放送場面カットが解禁となった。

【写真】ついにエミがアースガロンに搭乗! 10月の場面カット

 最新テレビシリーズ『ウルトラマンブレーザー』は、地球からはるか遠くの天体「M421」からやってきた、揺るがぬ正義感を持つ新ヒーロー「ウルトラマンブレーザー」が、地球防衛隊が設立した特殊怪獣対応分遣隊「SKaRD(スカード)」の隊長を務める主人公ヒルマ ゲントの、人の命を救うために力を欲する強い心に共鳴して一体化。ウルトラマンに変身する隊長、そして隊員・上官らが織りなすハートフルなヒューマンドラマを、ウルトラマンシリーズならではの最新特撮技術を通して描くSF作品となる。

 宇宙から飛来し、電磁パルスの猛威をふるうゲバルガとの戦いの後も、怪獣の猛威は後を絶たない。10月14日放送の第14話には、大空をマッハ9で飛行し、街を破壊する月光怪獣デルタンダルが登場。SKaRDの特戦獣アースガロンをも凌駕(りょうが)するスピードに、一度はデルタンダルを取り逃がしてしまうほど。高速で移動する怪獣にどう対処するのかSKaRDの作戦に注目だ。

 さらに、10月21日放送の第15話で、ゲント隊長の息子ジュンが出会うのは、初代『ウルトラマン』(同じく第15話となる「恐怖の宇宙線」)に登場した二次元怪獣ガヴァドン。ジュンがクラスメイトのアラタとともに描いた落書きから生まれ、約58年ぶりにウルトラマンシリーズに再登場を果たすこととなる。

 10月28日放送の第16話には、陥没してできた大きな穴をのぞき込んだ人々がみな錯乱状態になる事案が発生。SKaRDの隊員であるテルアキ、アンリ、ヤスノブまでもがその餌食となってしまう。そんな中、新たな怪獣・モグージョンが暴れだし、アースガロンの操縦席に単身搭乗したエミの姿も解禁画像から確認できる。普段は諜報活動を中心としアースガロンに搭乗してこなかったエミだが、新たにアースガロンに搭載されるAI対話システム「EGOISS(イーゴイス)」とともに、どのような戦いを見せるのか期待だ。

 後期EDテーマ「Brave Blazar」もいよいよ第14話から放送。前期と同じく、MindaRynによる歌、ブレーザーの劇伴を担当しているTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが作詞作曲を担当した本楽曲にも注目だ。

 物語も折り返しの後半に差しかかり、激化するウルトラマンブレーザー、SKaRDの戦い。さらには防衛隊がひた隠しする機密情報も関わり、少しずつ真実が明らかになっていく。新たなフェーズをむかえる『ウルトラマンブレーザー』の物語から目が離せない。

このニュースに関するつぶやき

  • ガヴァアナダディー
    • イイネ!4
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(57件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定