映画『プリキュア』シリーズ最高興収が目前 10億円突破で記録更新まで残り1.5億円

3

2023年10月02日 16:17  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『映画プリキュアオールスターズ F』(C)2023 映画プリキュアオールスターズF製作委員会
 9月15日から公開されたアニメ『プリキュア』の劇場版最新作『映画プリキュアオールスターズF』が興収10億円を突破した。シリーズ最高興収の15周年記念作品『映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(▽=ハート)』(累計:観客動員99万3000人/興収11億5000万円)の記録更新が目前となっている。

【画像】歴代主人公が集結!『映画プリキュア』場面カット

 興行通信社によると、今週の動員ランキング(9月20日〜10月1日)は、3位に『映画プリキュアオールスターズF』(東映)がその順位をキープし、累計で動員84万人、興収10億円を突破したと発表した。

 全国344館で公開された同作は、週末3日間(9月15日〜17日)で観客動員35万7308人、興行収入4億3745万6060円を記録。これは、シリーズ最高の興行成績を記録した『映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(▽=ハート)』のオープニング興行成績(動員30万8716名/興収3億5184万8000円)を抜いた成績(対比:動員115%/興収124%)で、配給の東映は「シリーズ史上最高のオープニング興行成績を記録し、15億超えを狙える大ヒットスタートです!」と期待を寄せている。

 同作の舞台は、プリキュアがみんなバラバラに飛ばされてしまった不思議な世界。それぞれが別の場所で、新たに出会った仲間たちと団結し、唯一の手掛かりであるお城を目指しワクワクドキドキの大冒険を繰り広げて行くストーリー。

 映画のオールスターズは、2018年に15周年記念で公開された『映画HUGっと!プリキュア▽ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ以来、5年ぶりとなり、その時は総勢55人のプリキュアが登場。そして今回、2004年放送の1作目『ふたりはプリキュア』〜現在放送中の『ひろがるスカイ!プリキュア』まで、シリーズ20作品に登場した総勢78人の全プリキュアたちが大集結している。

このニュースに関するつぶやき

  • 特典商法で最終的に15億円あたりまで、いけるかな
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定