祇園辻利に新ブランド「ぶぶる」誕生 抹茶“以外”のお茶でドリンクやヌードルを展開

6

2023年10月03日 20:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

スカッシュは「煎茶モヒート」「玄米茶ピーチレモン」など4種類

 祇園辻利に45年ぶりとなる新ブランド「ぶぶる」が誕生しました。ファンの多い抹茶ではなく、煎茶やほうじ茶といった「もみ茶」を使った商品を展開していくブランドで、まずはJR京都駅付近の商業エリア「アスティスクエア」に1号店を出店。スカッシュやティーラテなどのドリンクや、サンドイッチ、ヌードルなどのフードメニューを提供します。



【画像をまとめて見る】



 1号店ではイートイン、テイクアウト、モバイルオーダーに対応。ドリンクメニューは、スカッシュやティーラテ、ティーシェイクなど全8種類。ティーラテなら玉露、玄米、ほうじ茶といったように、それぞれ複数のフレーバーを用意しているほか、お茶の濃さやトッピングなどのカスタマイズにも対応します。



 フードメニューは、茶葉を練り込んだパンやソイバターを使った「ぶぶるさんど」と、ヘルシーなわかめ麺に玉露を使った特製つゆをかけて食べる「ぶぶるヌードル」を用意。ぶぶるさんどは「玉露あんこ」「ほうじ茶あんこ」「玉露ガーリックしば漬け」「ほうじ茶ガーリックすぐき」の4つの味が楽しめます。



 1号店のオープンは10月20日。まずはドリンク・フードの提供からはじめ、土産品の物販なども展開していく計画です。


このニュースに関するつぶやき

  • ...食べたい...でも京都は遠い...🤤
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定