みちょぱ“脱ギャルメイク”で印象ガラリ 5つの顔披露

29

2023年11月20日 17:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

みちょぱ(画像提供:小学館)
【モデルプレス=2023/11/20】タレントの“みちょぱ”こと池田美優が、22日発売の美容誌『美的』1月号に初登場。ガラリと雰囲気の異なる5つの顔を披露した。

【写真】みちょぱ“脱ギャルメイク”で印象ガラリ

◆みちょぱ、メイクで五変化

「2023上半期テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、半年間で228本の番組に出演。いまやバラエティ番組には欠かせない存在となったみちょぱが同誌で魅せたのは、誰でも取り入れやすい「冬の赤メイク」五変化。少し薄めのメイクなど、いつものみちょぱとは異なるビフォーアフターは新鮮である。

企画テーマは、「多彩な“赤”で遊ぶ冬」。5つのテーマに分けて、今すぐ取り入れられる冬の赤メイクを紹介している。1つめは「温もりの赤」。赤を思いっきり堪能した、寒空に映えるような温かみのあるメイク×赤の映える真っ白なニットで登場した。定番の血色メイクと異なる今っぽいメイクにするコツは、マットな赤茶、艶っぽい朱赤、こっくりしたボルドーと、色味や質感の違うさまざまな赤を重ねることだという。さらに目元はチークとつなげるように、リップはぼかしながら丸みを意識してオーバーに描く…と、ひと工夫加えるだけで簡単に旬顔になれるテクニックも、同誌では実際に使用したアイテムとともに紹介している。

◆みちょぱ、上品にきらめくほんのりモードメイクも

また、濃い目の盛りメイクの印象も強いみちょぱだが、5つめの「きらめく赤」メイクでは、いつもよりナチュラルな印象に。一見難易度が高そうな赤シャドウも、まぶたが透けて見えるようなシアーな質感を選ぶことで、まぶたの自然な陰影へと変換。さらにパールはゴールド系ではなくシルバー系を選ぶことで、可愛くなりすぎず大人に相応しいほんのりモードな印象に変わるという。眉毛もいつもよりほんのり優しく、リップも優しげな肌に馴染むナチュラルな色味に。目鼻立ちのはっきりした、端正な顔のみちょぱだからこその、ビジュアル力の高さを最大限に引き出している。

現場では、終始和やかな笑顔でスタッフを癒していたというみちょぱ。撮影中は可愛らしくも、クールにも、フェミニンにも、マニッシュにも瞬時になれるモデルとしての幅広さをたっぷり魅せてくれたそう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 安達祐実によく似てるね
    • イイネ!20
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ニュース設定