スキーやスノーボード時には携行食の持参を 警視庁災害対策課が呼び掛け

152

2023年11月28日 16:41  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

スキーやスノーボード時には携行食の持参を 警視庁災害対策課が呼び掛け

 本格的な冬の訪れとともに到来する、スキー・スノーボードのシーズンに向け、警視庁警備部災害対策課は「滑る時にチョコバーなどの携行食を持参すること」を公式Xアカウントで呼び掛けています。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


私はスキーを趣味としていますが、滑るときチョコバーなどの携行食をポケットに入れています。これは時間節約でリフト上で食事をするためです。霧や地吹雪でその場から動けない場合に、これを食べ、晴れるのを待つこともあります。行動しながら食べられる携行食は災害時にも是非お薦めです。


 投稿によると、その理由は大きく二つ。「時間節約でリフト上で食事をするため」と「霧や地吹雪でその場から動けない場合に、これを食べ、晴れるのを待つため」とのこと。添えられた写真には羊羹やブロックタイプのバランス栄養食が写っています。


 加えて「一口サイズのものなら、片手で持ちながら食べられるので、避難行動中でも容易に栄養補給が可能です。通常製品でも数か月はもちますし、長期保存用のものもあります」とも。言われてみれば確かに、携帯しておくに越したことはないでしょう。


 特に、今年はコロナ禍も落ち着きを見せていることから、年末年始の休みを利用して久しぶりに降雪地帯への旅行を計画している方も多いことでしょう。冬のアクティビティとして人気のスキー、スノーボードですが、自然相手な以上、常に遭難等の危険と隣り合わせということを忘れてはいけません。


 返信欄には「これからバッグにしのばせます」「登山の時にも役立つ知識」との声が。栄養補給は命の維持に直結する行動ですので、これからスキーやスノーボードを計画していた方は、今回のポストを参考にしてみてはいかがでしょうか。


 そして、当然ではありますが、食べ終わった後のゴミは各自でしっかり持ち帰るようにしましょう。



<参考・引用>
警視庁警備部災害対策課公式Xアカウント(@MPD_bousai
※掲載画像は警視庁警備部災害対策課公式Xアカウントのスクリーンショットです。


(山口弘剛)

スキーやスノーボード時には携行食の持参を 警視庁災害対策課が呼び掛け | Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 山口 弘剛‌

このニュースに関するつぶやき

  • そもそも吹雪のような時は行くな。
    • イイネ!31
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(107件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定