「ブギウギ」、父からの“一言”がスズ子にグサリ 「それはスズ子にはキツイよ」「親子の喧嘩、凄かった」

1

2023年11月29日 11:24  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真

 俳優の趣里さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の第43回が11月29日に放送。スズ子(趣里さん)と父・梅吉(柳葉敏郎さん)の親子げんかに胸を痛める視聴者からの声が寄せられ、話題になりました(以下、ネタバレあり)。


【画像】親子のけんかの様子


 第43回では、弟子にしてほしいと飛び込んできた小林小夜(富田望生)を、新しい下宿先が見つかるまでの間、面倒を見る代わりに、父・梅吉の世話を頼んだスズ子。一方、梅丸歌劇団は演出の規制で客足が遠のくばかりか、徴兵で人員もどんどん減り、存続の危機さえも訪れていました。


 梅丸や自身の今後に思い悩む中、すっかり打ち解けた様子の梅吉と小夜の姿を見て「出て行って」と涙ながらに激高してしまうスズ子。身寄りの無い小夜を追い出したとして、梅吉からは「鬼か」「小夜ちゃんの方がよっぽど娘みたいやったわ」と告げられる……というストーリーでした。


 親子のぶつかり合いにネットでは、「親子だからこそ本音がぶつけられるし、本音をぶつけてしまうから喧嘩になるんだよねえ」「家族として愛情深く、だからこそお互いに何を言えば急所に刺さるかをわかってる親子の喧嘩、凄かった」「どうしようもない現実に絶望して帰ってきて、その現実から逃げる父親に対する感情が全部出てた。 怒りと八つ当たりと悲しみ全部」と注目する声が寄せられました。


 また、梅吉の実の娘ではないことをスズ子が知っているからこそ、「この対比はきっついわ。お父ちゃんから見たらスズ子も小夜ちゃんも血の繋がってない娘だからね」「小夜ちゃんの方がよっぽど娘みたいや。それはスズ子にはキツイよ」と寄り添う声や「スズ子がしんどい思い抱えてるのに 吐露できる場所がないの辛いわ。 そう思ってたら、そっと寄り添ってくれるチズさん。2人の並んだ後ろ姿にじわっときたよ…!」「梅吉の堕落生活への心配と苛立ちの中ギリギリの所にいるスズ子に唯一寄り添ってくれるチズさんの『拭こうかね』はキた」と下宿先の管理人であるチズさんの優しさにほろりときた人もいたようです。


    ニュース設定