2023年『JC・JK流行語大賞』、ちょんまげ小僧・ひき肉が2冠「ポーズしていただけてとてもうれしい」【ランキング一覧】

234

2023年11月30日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

2023年『JC・JK流行語大賞』を発表 (C)ORICON NewS inc.
 2023年に女子中高生の間ではやったものをランキング化した『JC・JK流行語大賞』の記者発表会が30日、都内で開催され、6人組中学生YouTuber「ちょんまげ小僧」のメンバー・ひき肉が、【ヒト部門】、【コトバ部門】の2冠に輝いた。

【表】2023年『JC・JK流行語大賞』部門別ランキング

 全国のJC・JKのトレンドリーダー集団「JC・JK調査隊」が、2023年7月〜11月までのトレンドをまとめた「2023年の流行語大賞」を、“モノ・ヒト・コトバ・バショ”の4部門に分けて独自に注目度を算出してランキング化。

 【ヒト部門】1位はひき肉(ちょんまげ小僧)、【モノ部門】1位はBeReal、【バショ部門】1位はユニバハロウィン、【コトバ部門】1位は「ひき肉です」が選出された。

 ひき肉はYouTubeの動画内であいさつに使っているフレーズ「ひき肉です」が今年大流行。言い方のインパクトに加え、両腕を大きく広げるオリジナルのポーズもクセになると話題になっている。TikTokでは「ひき肉ダンス」が流行し、関連動画は4.9億回視聴されている。

 会場では、ちょんまげ小僧からのメッセージ動画も届けられ、ひき肉は「みなさんにいろんなところでポーズしていただけてとてもうれしいです。ありがとうございます!これからもたくさん楽しい動画を上げていくのでぜひ見てください!」と喜びをコメントした。

【ヒト部門】
1位 ひき肉(ちょんまげ小僧)
2位 NewJeans(アーティスト)
3位 八木勇征(FANTASTICS)
4位 LANA(アーティスト)
5位 あいさ(モデル)

【モノ部門】
1位 BeReal
2位 んぽちゃむ
3位 ◯◯ドリル
4位 スリックバックダンス
5位 ストリートスナップ

【バショ部門】
1位 ユニバハロウィン
2位 クリスマスマーケット
3位 ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター
4位 東京おかしランド
5位 友達がやってるカフェ

【コトバ部門】
1位 ひき肉です
2位 ヒス構文
3位 なぁぜなぁぜ
4位 中学生限定クラブ
5位 不気味の谷

このニュースに関するつぶやき

  • ちょっと何言ってるのか分からないです。
    • イイネ!24
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(163件)

ニュース設定