トイレットペーパー冷蔵庫に入れると防臭になる? 海外で話題のライフハック、真偽は? 製紙メーカーに聞いた

84

2023年12月01日 07:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

冷蔵庫にトイレットペーパー、本当に効果があるの?(Imaginando/stock.adobe.com)

海外のSNSを中心に、あるライフハックが流行しているようです。

【画像】トイレットペーパーでリボン、汚くないの?

それは冷蔵庫のなかにトイレットペーパーを入れるというもの。話題になった動画は英語で、トイレットペーパーの芯を抜いて庫内に入れることで、悪臭を防止してくれると謳っています。取り換えの目安は3〜4週間、このライフハックはホテルでも使われているとも伝えています。

投稿しているのは、ライフハックや掃除のコツなどを発信する、14000人ものフォロワーを抱えるアカウント。ほかにも類似のライフハックを調べてみたところ、消臭のほか、トイレットペーパーの吸湿性からカビ予防にもなると伝えているアカウントも見受けられました。

これらのライフハックは本当なのでしょうか。トイレットペーパーやティシューペーパーの「エリエール」で広く知られる、大王製紙株式会社に見解を聞きました。

危険性は?メーカーの見解とは

ーートイレットペーパーには消臭、防カビの効果がある?

「一般的に紙は『多孔質(たこうしつ)』(細かな空洞がたくさん作られる)の特性があります。多孔質というと聞き慣れない言葉ではありますが、身の回りにあるものですと、スポンジや木炭なども多孔質な物品です。多孔質な物品は空隙に悪臭を捉える作用があることから、消臭剤として活用されており、特に炭を消臭剤として利用されることは一般的かと思います。

トイレットペーパーも多孔質な特性があるため、本来の使用方法とは異なりますが、例えば消臭のために靴箱などにトイレットペーパーを置いているというご家庭もあるようです。

なおご参考に紹介すると、トイレットぺーパーの中には消臭機能を持たせたものがあり、当社の商品では「エリエール 消臭+(プラス)トイレットティシュー」が該当します。ただ、本商品はトイレットペーパーの芯に配合されたW消臭成分(柿タンニン&茶カテキン)が尿臭(アンモニア臭)と結びつくことで空間を消臭するという性質によるものですので、あくまでトイレ空間において効果を発揮するものになります」

ーーこのライフハックで考えられる危険性やトラブルがあれば

「トイレットペーパーには香り付きのものも多く展開されており、トイレットペーパーの香りが冷蔵庫内の食材や飲料に移ってしまう可能性があります。また、冷蔵庫内は結露や食材などの水分により、トイレットペーパーが濡れてしまい、カビなどが生えるリスクがあります。加えて、濡れてしまうと本来のトイレットペーパーとしてはご使用いただけなくなります」

ーーメーカーとして推奨できるか

「当社のトイレットペーパーはあくまでトイレ空間でご使用いただくことを前提として作っておりますため、本来の用途以外でのご使用は想定しておりません。トイレットペーパーには多孔質な特性があることは事実ですので、そういったことをご理解いただいた上で、お客様ご自身でご判断いただければと考えております」

ーートイレットペーパーを使ったライフハックで、正式に発表されているものなどあれば。

「大変恐縮ではございますが、トイレ空間での使用以外に正式に発表しているものはございません」

◇  ◇

家に必ずあるであろうトイレットペーパーで気軽にできるライフハックですが、濡れてカビが生える可能性などを考えると、冷蔵庫用の消臭剤などを使用した方が無難かもしれません。もし冷蔵庫に取り入れる際はくれぐれもトイレットペーパーの状態にご注意を。

(まいどなニュース・門倉 早希)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 消臭剤が高くて手が出ないなら重曹を空き瓶に入れて置けば?薬品としても食品としてもFDAに認証されてて安全だし価格が安くてお手軽だよ!
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(63件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定