「スーパーで焼き芋買えなくなる」自宅で作れる33.5万回再生された『究極の密芋』レシピ

51

2023年12月01日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

自宅でも「密芋」が簡単にできる
 さつまいもを食べる時の2大調理法といえば「焼き芋」と「ふかし芋」。いったいどちらがより美味しく食べられるのでしょうか? 密芋 or 自然な甘さ、ねっとり or ホクホク…人によって好みは様々ですが、「比べてみると味わいや食感に特徴的な違いがある」とおいもクリエイターとして活動するえなりんさんは話します。これらの調理法の違いや気をつけるポイント、「スーパーで焼き芋買えなくなる」「10回以上リピートした」と反響の『究極の焼き芋』の作り方について聞きました。

【画像】これが本当のスイートポテト…「究極の焼き芋」レシピ

■「焼き芋」はアルミホイルで包むべき?

 「焼き芋」(やきいも)は、その名の通り、さつまいもを焼いて作ります。通常、炭火やオーブンでじっくりと焼かれます。外側が少し硬く、中は非常に柔らかくて甘い。です。じっくり焼くことにより、独特の香ばしさが加わり、さつまいもの糖分がカラメル化し、特有の甘みが生まれます。

 「ふかし芋」(ふかしいも)は、水蒸気で蒸して作られます。蒸し器や鍋を使用して、さつまいもを柔らかく蒸します。蒸すことによって、さつまいもの水分が保たれ、とてもジューシーな食感、自然な甘みがあるのが特徴。焼き芋と比べると香ばしさは少ないですが、さつまいも本来の風味が楽しめます。

 焼き芋は焼くことによる“香ばしさ”と“カラメル化した甘み”が特徴で、ふかし芋は蒸すことで“自然な甘み”と“ジューシーな食感”が特徴です。どちらもさつまいもの美味しさを異なる方法で引き出しています。

Q.「焼き芋」はアルミホイルで包むべき?

「包むか包まないかで、食感が大きく変わります。特にわかりやすく違いが出るのは、皮の食感です。アルミホイルで包むと、しっとり感が味わえ、包まないとぱりっと香ばしく仕上がります。蜜芋と石焼き芋のようなイメージで、お好みで選んでみてください」

Q. 「ふかし芋」はどのようにアレンジするのがおすすめ?

「2〜3本、まとめて蒸しておけば、さまざまな料理に使えて便利です。ポテトサラダのように潰しても、切って存在感のある具材にしても。みそ汁に丸ごとふかしたさつまいもを切って入れるだけで、ほっこり甘いみそ汁になります。マリネ、和え物、スープ…無限に楽しむことができます」

■『究極の密芋』を自宅で作るコツ

 えなりんさんが『究極の密芋』『本当のスイートポテト』として、著書『どんな食材とも相性抜群! おいもだらけのレシピ』(SDP)でも紹介している焼き芋レシピを教えてくれました。レシピ動画は累計33.5万回もの再生数で、「とっても美味しそう」「あ〜早くお芋界に行きたい」などと反響を集めています。

「本当のスイートポテト」
材料(2人分)
さつまいも(紅はるか)…中4本(約1200g)

(1)さつまいもは皮付きのまま1本ずつアルミホイルで包む。
(2)天板に並べ、予熱なしの160℃のオーブンで1時間焼き、そのまま15分ほど休ませる。
(3)予熱なしの150℃のオーブンでさらに30分焼き、再び15分ほど休ませる。

 自宅で密芋を作るコツは、「さつまいもの品種」と「温度・時間」にあるとえなりんさん。

「品種は特に『紅はるか』の『旭甘十郎』や『甘太くん』『紅天使』などは熟成されていて、糖度がすごい高いです。密芋を作りたいときは、“超熟成”や“高糖度”と書いてあるような糖度の高いおいもがおすすめです。予熱なしの低温からスタートさせること。オーブンで2度焼きますが、その都度“休ませる時間”をとることが大事です。予熱なし&焼いた後に休ませることで、糖度が上がる温度帯(70〜80℃)をキープできます」

PROFILE/えなりん
おいもクリエイター。管理栄養士。"カラダの内側から綺麗になれる”毎日のおいもレシピを発信。著書「どんな食材とも相性抜群!おいもだらけのレシピ」

このニュースに関するつぶやき

  • アルミホイルで包んだ後に濡れた新聞紙でくるんで炭火の横に置いておくと、それはもう美味いのができるよ。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定