Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む?

1

2023年12月02日 01:31  ITmedia Mobile

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

米Googleが12月1日、“休眠アカウント”の削除を開始した

 長期間使っていないGoogle アカウントが2023年12月1日から順次削除される。削除対象は2年以上使っていない、いわゆる“休眠アカウント”だ。無効なGoogle アカウントと判断された場合は削除される。


【その他の画像】


 米Googleは2023年5月、「無効なGoogle アカウントに関するポリシー」と題したWebページとともに、アカウントの削除対象になる条件を公開した。12月1日、予告されていた削除が始まった。


 では、どうすれば削除を防ぐことができるのだろうか? 具体的には以下のことを行えばよい。


・メールを読む、送信する


・Google ドライブを使用する


・YouTube の動画を視聴する


・写真を共有する


・アプリをダウンロードする


・Google 検索を使用する


・「Google でログイン」機能でサードパーティ製のアプリやサービスにログインする


 これらを2年以内に行わなかった場合、非アクティブなアカウントであると見なされ、Google アカウント(関連コンテンツとデータを含む)が全て削除される。


 なお、休眠アカウントか否かの判断と削除は個人のGoogle アカウントを対象に行われる。一方で、Google アカウントが職場や学校などの組織を通じて設定・管理されている場合、Google アカウントがGoogle製品/アプリ/サービスの購入や定期購入に使われている場合、Google アカウントに残高のあるギフトカードが含まれている場合、ファミリーリンク(※)で有効な未成年のアカウントを管理している場合などは対象外となる。


(※)親が子どものデバイスを管理し、見守ることが可能な機能。デバイスの利用時間を制限したり、アプリ内購入を許可制にしたりできる


●なぜ休眠アカウントが削除されるのか


 Googleが休眠アカウントの削除を行う理由はセキュリティリスクだ。放置されたアカウントは保護機能を備えていたとしても、他者によって侵害される可能性がある他、古いパスワードや再利用のパスワードが突破された場合、スパムなどに悪用される可能性があるという。


 Googleはこのようなリスク軽減を目的に、あらかじめ削除の対象と判断したアカウントのメールアドレスと再設定用のアドレス宛にメールで通知し、12月1日から順次削除すると予告していた。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定