60代前半で遺族年金ではなく特別支給の老齢厚生年金を選んでいた人は、65歳から遺族年金を選べるの?

0

2023年12月02日 06:11  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

年金制度にまつわることは難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、遺族年金をもらえる人が60代前半で特別支給の老齢厚生年金を選択した場合の質問に専門家が回答します。
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。

今回は、遺族年金をもらえる人が60代前半で特別支給の老齢厚生年金を選択した場合の質問です。

Q:60代前半で遺族年金ではなく特別支給の老齢厚生年金を選んでいた人は、65歳から遺族年金を選べるの?

「60代前半では、特別支給の老齢厚生年金と遺族年金は両方もらえず、どちらかを選択するそうですね。もし特別支給の老齢厚生年金を選んでいた人は、65歳から遺族年金を選べるの?」(匿名希望)

A:65歳前にどちらの年金を選んでも、65歳以降は本人の老齢基礎年金と老齢厚生年金が優先支給され、遺族厚生年金は本人の老齢厚生年金との差額支給になります

65歳前に特別支給の老齢厚生年金を選んでも、遺族年金を選んでも、65歳になると本人の老齢基礎年金と老齢厚生年金が優先して支給されます。遺族厚生年金は本人の老齢厚生年金が差し引かれ、差額支給になります。

文:拝野 洋子(ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士)

銀行員、税理士事務所勤務などを経て自営業に。晩婚で結婚・出産・育児した経験から、日々安心して暮らすためのお金の知識の重要性を実感し、メディア等で情報発信を行うほか、年金相談にも随時応じている。
(文:拝野 洋子(ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士))

    前日のランキングへ

    ニュース設定