秋アニメ「薬屋のひとりごと」死因は“毒殺にしてほしい”そう訴える猫猫の真意とは…? 第8話先行カット

3

2023年12月02日 18:01  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

『薬屋のひとりごと』第9話「自殺か他殺か」 先行場面カット(C)日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会
秋アニメ『薬屋のひとりごと』より、12月2日(土)放送の第9話「自殺か他殺か」のあらすじ・先行カットが公開された。

『薬屋のひとりごと』は、日向夏が「ヒーロー文庫」より刊行中で、「ビッグガンガン」および「サンデーGX」でのコミカライズも展開している、シリーズ累計2400万部を突破した小説を原作とする後宮謎解きエンタテインメントだ。中世の東洋を舞台に、「毒見役」の少女・猫猫が宮中で起こる様々な難事件を次々に解決する姿を描く。

TVアニメは『魔法使いの嫁』や『劇場版 弱虫ペダル(2015)』の長沼範裕監督のもと、TOHO animation STUDIOと『オッドタクシー』や『古見さんは、コミュ症です。』のOLMがタッグを組みアニメーション制作を担当する。キャストは猫猫役を悠木碧、壬氏役を大塚剛央が務める。

第9話「自殺か他殺か」あらすじ
激務に追われる壬氏の元に、ある武官の訃報が届く。死因は仲間うちでの宴会で酒を飲みすぎたこと。だが武官のことをよく知る壬氏は納得できず、酒による死について猫猫に尋ねる。

すると猫猫は、武官の食生活と深酒の理由を知り、酒が入っていた酒瓶から本当の死因を推理するのだった。猫猫は人々の死に想いを馳せ、「私は毒殺にしてほしい」と訴える。その真意とは?

秋アニメ『薬屋のひとりごと』の第9話「自殺か他殺か」は、12月2日より日本テレビ系にて放送。ABEMAプレミアム、Amazon Prime Videoほかにて配信。


【放送情報】
10月21日(土)25:05〜日本テレビでは初回3話一挙放送!
順次、日本テレビ系にて全国放送。放送情報の詳細は公式HPにて!
放送終了後、各種配信プラットフォームでも順次配信予定

【スタッフ】
原作:日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)
キャラクター原案:しのとうこ
監督・シリーズ構成:長沼 範裕
副監督:筆坂 明規
キャラクターデザイン:中谷 友紀子
色彩設計:相田 美里
美術監督:眸 克己
CGIディレクター:永井 有
撮影監督:石黒 瑠美
編集:今井 大介
音響監督:はた しょう二
音楽:神前 暁・Kevin Penkin・桶狭間 ありさ
オープニングテーマ:緑黄色社会『花になって』
エンディングテーマ:アイナ・ジ・エンド『アイコトバ』
アニメーション制作:TOHO animation STUDIO×OLM
製作:「薬屋のひとりごと」製作委員会

【キャスト】
猫猫:悠木碧
壬氏:大塚剛央
高順:小西克幸
玉葉妃:種敦美
梨花妃:石川由依
里樹妃:木野日菜
阿多妃:甲斐田裕子
梅梅:潘めぐみ
白鈴:小清水亜美
女華:七海ひろき
やり手婆:斉藤貴美子
羅門:家中宏
李白:赤羽根健治
小蘭:久野美咲
やぶ医者:かぬか光明
ナレーション:島本須美
(C)日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

このニュースに関するつぶやき

  • あれ? 書籍版の猫猫や衽氏と似ても似つかない、いやどっちがどっちかわかる程度には似ているけど、なんともな〜
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定