<週1の預かり>旦那の親の介護のため、2歳と5歳の子どもの面倒を見てほしいと実妹に相談されて

2

2023年12月03日 19:30  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ


「困ったときはおたがいさま」「家族なのだから助け合うのは当然」。そうかもしれないし、そうではないかもしれない難しい言葉たち。人と人が助け合い支え合っていける社会は素晴らしいものかもしれませんが、判断を見誤ると自分の大切なものをないがしろにすることになるかもしれません。今回、投稿者さんにつきつけられた問題は「介護」に関すること。家族だからとか、困ったときはおたがいさまと簡単に引き受けてしまってよいものかどうか、悩む投稿者さんの話を見てみましょう。
『旦那の親の介護をすることになった実妹から、毎週土曜の夜3時間だけ、実妹の家に出向き、5歳の甥っ子と2歳の姪っ子を見ていてほしいと相談されました。ちなみに1日につき5千円で、用意されている子どもたちの食事を温めて食べさせる・片付けをする・お風呂に入れることが条件。みなさんなら引き受けますか?』
旦那側の家族の介護をすることになった実妹さん。しかし、介護のために小さなわが子2人を連れて行くことは厳しいと困り果てているのだとか。そこで、助けてもらえないだろうかと相談を受けた投稿者さん。家族なのだから、困ったときはおたがいさま。できる限り助け合うべきかもしれませんが、本当に引き受けてしまって大丈夫でしょうか。

引き受ける前によく考えて!



実妹から持ちかけられた相談について、投稿者さん自身は引き受けても問題なさそうだと話していました。しかしこれにママたちは猛反対。なぜママたちは反対するのでしょう。

引き受けたあと自分の生活はどうなるの?

『期間はいつまでなのかな。土曜日の夜に投稿者さんに予定ができたとき、キャンセルできるの?』
『無期限で毎週土曜。それはイヤだな。土曜は家族でお出かけしたり、夜ご飯食べにいったりすることだってあるよね。家族団らんを諦めてまで引き受けたくない』
一番の問題点は、いつまで実妹の子どもたちの世話を任されるのかですよね。投稿者さんの話によると、期間は明確にはなっていませんが、「預けられる介護施設が見つかるまで」と聞いているのだそう。しかしママたちからは、介護施設は空くまでに時間がかかるケースも多く、順番待ちも珍しくないという情報が寄せられました。ゴールが見えない状態では、投稿者さん自身の貴重な時間が拘束されることや、家族との団らんの時間にも影響が出るかもしれないなどのマイナス面も気にしておかなければなりません。もし引き受けるのであったとしても、期間を決めておくことや、投稿者さんの都合が最優先されることを条件にしたほうがいいとママたちはアドバイスしていました。

小さな子のお風呂、かなりネックになるかも

『小さな子2人のお風呂がキツいよ』
『面倒を見ることが1度きりならともかく、今後毎週土曜の夜を拘束されるわけでしょ? その上、小さな子を2人もお風呂へ入れてあげるなんて大変すぎる。それで3時間たった5,000円なんて安すぎてムリ』
投稿者さん自身、現在中2と小5になるお子さんを育ててきているので、小さな子の面倒を見ること自体は、まったくムリではなさそうです。しかし、とにかく手がかかる時期の2歳と5歳ですから、その労力は想像を絶しそうです。そのようななか、ママたちから猛反対されてしまう理由となった原因は「お風呂」でした。小さな子はいっときも目を離せないので、お風呂に入れることは一苦労。しょっちゅう顔を合わせて懐いている子ならともかく、実妹さんの家庭とはたまに顔を合わせる程度で、取り立てて子どもたちに懐かれているわけでもないそうです。これはかなりハードルが高い。気力も体力も相当疲弊すること間違いなしですから、ママたちは反対しているのでしょう。

助け合いたいと考えるママたちの声

『身内とはいえ、気持ちよくお金を払ってお願いする実妹さんに好感がもてる。だから私なら引き受ける』
『事情が事情だから、引き受ける。もちろんお金も要らないっていう』
実妹からのお願いに対し、ママたちは猛反対ばかりしているように思えました。しかし実際は、介護という問題に直面し、家族が困っているのだから助け合いたいと考えるママの声も目立っていたのです。加えて、家庭をもっている人の時間を拝借するわけですから、わずかながらでもお礼の報酬を用意しようと考える実妹さんの気持ちにも打たれたようですね。「家族なのだから助け合って当たり前でしょ」などという横柄さがない点は好感がもてますよ。こうなると、「困ったときはおたがいさま」と思うことも当然といえば当然かもしれません。

最終的には実妹との関係性次第?


『実妹さんとの関係性によるかなあ』
今回の投稿者さんのお悩み。問題解決への鍵を握るのは、「相手との関係性」ではないでしょうか。実は妹とはいえ血の繋がりはなく、同じ地区に住んでいるにもかかわらず頻繁に会うことも交流することもなかったそうです。このような希薄な関係性で小さな子ども2人の面倒を見ることについて、ママたちは不安を隠せませんでした。

引き受ける前に、今一度相手との関係性がいかに重要か、しっかりと考える必要があるのではないでしょうか。本当に自分や自分の家族との時間を割いてでも助けたいのか……。実妹との関係性を踏まえ、ご家族に相談しながら、「どうするべきか」「どうしたいのか」を今一度考えてみてくださいね。

文・櫻宮ヨウ 編集・荻野実紀子 イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 日常的に親しくしてる甥姪で、こちらの予定がある時は断れるなら引き受ける。それ以外はベビーシッターやファミサポ利用のが双方にとっていいのでは。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定