マナマナ×マスコッツ、男プリ×レオナ…垣根を越えたプリティーシリーズ冬ライブ

5

2023年12月03日 22:54  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

左からアサヒ役の小林竜之、ショウゴ役の山下誠一郎、レオナ役の若井友希、コヨイ役の土田玲央。
「プリティーシリーズ」のライブイベント「プリパラ&キラッとプリ☆チャン&ワッチャプリマジ! Winter Live 2023」が、本日12月3日に千葉・幕張メッセイベントホールで開催された。アニメ「プリパラ」シリーズ、「キラッとプリ☆チャン」「ワッチャプリマジ!」のキャスト44人が出演し、メインステージのみならずアリーナもたっぷりと使ったパフォーマンスや、合同ライブならではのコラボレーションでファンを楽しませた。本記事では昼の部の模様をレポートする。

【大きな画像をもっと見る】

「プリティーシリーズ」恒例となった冬の合同ライブは、お祭りにふさわしいプリマジスタ6人の「ワッチャ!プリーズ!マジック!-What's your "Please" Magic?-」で幕を開けた。この日はメインステージ以外にアリーナ中央に3つ、後方に1つステージを設置。プレゼントボックスを開けたさまをイメージし、アリーナにはほどいたリボンのように十字にレッドカーペットが敷かれた。そんな会場で、まつりの「マジ・ワッチャパレード」を皮切りに、6人全員で練り歩きながらソロ曲のバトンをつないでいく“プリマジパレード”を展開。観客と同じ目線に立って会場を盛り上げるのみならず、1人でステージに上がったみるきを真下から見上げるれもん、あまね様をうっとりと見つめるまつりやみるきなど立ち位置や仕草でもファンを楽しませ、「プリマジ」単独イベントを経て高まったチームワークを見せた。

まつりから「ちっちゃくてかわいい子たちのライブ」と紹介を受け、みゃむたちマナマナが出てくると思いきや、ステージにはマナマナだけでなく、「プリ☆チャン」のゴーゴー!マスコッツの姿も。「チェックワンツー」ではマスコッツが、「おやくそくセンセーション」では“マナマナーズ”が一緒に踊り、思いがけぬコラボに観客から喜びの声が上がった。

続いてはそんなマスコッツのご主人様こと、プリ☆チャンアイドルたちのライブへ。メルティックスターはクリスマスにぴったりな華やかな曲「寝ても覚めてもDREAMIN' GIRL」で優美さを、ミラクル☆キラッツは「乙女アテンションプリーズ」のパフォーマンスで元気さだけでなく頼もしさをも感じさせる。そしてリングマリィはアリーナ後方のステージに登場。「インディビジュアル・ジュエル」を歌いながらレッドカーペットをまっすぐ歩いてメインステージに向かうさまは、さながら参列者に見守られヴァージンロードを歩くかのよう。次にアナザーだいあの「フレンドパスワード〜Another World〜」を披露した佐々木李子は、のちの挨拶で「2人をど真ん中の後ろで見ていて、牧師さんのような気持ちになりました(笑)」と語っていた。

ALIVEの「アドリブ・デスティニー」ではアリーナ左右のステージを活かし、双子らしい対称の振付で魅せる。シリアスな表情からアリーナ中央のステージに2人が揃い、にっこりと笑顔になっていくさまで2人の物語を表現。「プリ☆チャン」ブロックの締めくくりはミラクル☆スターの「One Heart」。優しいハーモニーで会場を一体感に包んだ。

クリスマスのBGMが流れ出すと、「ユメリークリスマース!」とサンタ帽をかぶったゆいが登場。「特に好きなのはホワイトクリスマスライス!」と好物のお米の話を始めるが、そこに「みんなー、メリークリスマース!」と同じくサンタ帽をかぶったゆいの兄・ショウゴが割って入る。いつものように口ゲンカを始める2人は、「どっちがみんなにクリスマスの思い出を届けられるかで、勝負!」と言い出し、「夢川きょうだいのクリスマスメドレー -兄妹共演ver.-」をライブ初披露。のちの挨拶で夢川ゆい役の伊達朱里紗が明かしたところによると、この楽曲の披露は夢川ショウゴ役の山下誠一郎たっての希望だったという。2人は客席にプレゼントを投げ込みつつ、ケンカばかりでも息ぴったりのパフォーマンスでファンを楽しませた。

ここからはめが姉ぇ「ヴァーチャデリアイドル」、ふわり「パルプス・ノンフィクション♪」とプリパラアイドルのライブが続く。「純・アモーレ・愛」では「さあ一緒に堕ちよう、夜のアイドルランドプリパラへ!」と、始まったばかりのひびき主役のWebマンガを思わせるセリフも交えられた。「ゴー!ゴー!ゴージャス!」では「V・I・P!」のコールに包まれてレッドカーペットを進む様子がちりとしゅうかのセレブぶりを際立たせ、コスモの「君100%人生」とシオン&にのの「以心伝心パンチライン」では、「自分を信じて」という力強いメッセージが届けられた。

約1年半ぶりのライブ出演、さらに声出しでのライブは2019年以来となった男プリアイドル・WITH。ショウゴが「みんな久しぶり!おまたせ!」と呼びかけると、「ALWAYS WITH YOU!!!」で観客と盛大にコールを繰り広げる。DARK NIGHTMAREは「We're never ever」で声が枯れるほどの熱唱を響かせ、「チョコレートアイスクリーム・トルネード」では、一瞬会場の電気がすべて消え、切実な声で叫ぶように歌うマリオの姿を、真っ赤なスポットライトが浮かび上がらせた。マリオの悪事を止めようとステージにWITHが駆け付けると、後を追ってレオナも現れる。アサヒが「一緒に歌おうぜ!」とレオナに提案すると、観客からは大きな歓声が沸く。4人で歌ったのは男プリの代表曲「Giraギャラティック・タイトロープ」。めいっぱいキュートに「Prism Galaxy」と囁き、見事なダンスを披露したレオナは、最後はカメラに向かってウィンクを決めてみせた。

さらに配信中のアニメ「アイドルランドプリパラ」と連動するような演出も。リッチハートコーデを着たGaarmageddonと、お揃いの帽子をかぶったミーチルは、仲良しぶりが際立つ「し〜くれっと!ラタトゥイユ」で会場をハッピーな空気に包む。続いてあまりが「巨大な女の子を探しにきたんだけど……」と言いながら登場。恥ずかしくて姿を見せない大きな女の子・ポォロロと会話を重ねたあまりは、「姿を見せて、あなたの……心の扉を開いて」と語りかける。するとステージに、林鼓子演じるポォロロが登場。ステージに寄り添うように座った2人が静かに歌い始めると、客席にもざわざわと驚きの声が広がっていく。アニメでも披露されていない新曲「ポォロン♪あまやどりのうた」は、2人の過ごした時間のように穏やかで透明感のあるバラード。これからアニメで観られるだろうCGライブもいち早くお披露目され、ファンの期待感を煽った。

ここからライブはクライマックスへ。ジェニファーの「Believe」、ひな&あまねの「天頂のコンフィアンサ」、さらにソルル&ルルナの「Awakeing Light」と、貫禄たっぷりのパフォーマンスが続き観客を圧倒する。みるき&れもんの「Sweetness×Darkness」では、「あなたは誰?」「甘瓜みるき!」「あなたを見ているのは誰?」「世界中と、れもんちゃん!」というやりとりでファンを沸かせた。その後も「トレジャー♪マイ*ランド!!!」「サンシャイン・ベル」「奇跡の降る」「ピュア・ハート・カレンダー」「Brand New Girls」と、プリマジスタ、プリ☆チャンアイドル、プリパラアイドルが入れ替わり立ち代わり登場し、怒涛の畳みかけ。さまざまな個性と魅力を持ったアイドルたちの中で、この日最後に登場したのは“神アイドル”のSoLaMi♡SMILE。「組曲フォーエバー☆フレンズ〜第一楽章〜『I FRIEND YOU!』」では背景のスクリーンに各シリーズのライブ映像が映し出され、さらに主人公5人が揃っての「Make it!」へとつなぎ、「プリティーシリーズ」ファンの涙を誘った。

最後はステージに出演者44人が勢揃い。弥生ひな役の内田彩と皇あまね役の庄司宇芽香は、“マナマナーズ”に引っ張られるように“コンフィアンサーズ”を名乗り、庄司は「TrutHに会いたいよね。はにたんに会いたいでしょ。私はぱたのさんと一緒にステージに立ちたいです」、内田は「ジェニファーと一緒に歌いたーい!」と夢を語る。ポォロロとのデュオライブを喜ぶあまりに、マリオが「俺と一緒にやったほうが楽しかっただろ」と言ってのけると、ファンからは歓声が。さらにめが姉ぇ役の伊藤かな恵は「『プリティーシリーズ』を筐体から見てきた身としては、たくさんのみんなとご一緒できてうれしいとともに、『プリティーリズム』のみんなとも一緒にステージに立てたらうれしいなって」と口にすると、客席からはこの日一番の大きな歓声と拍手が届けられた。

「アイドルタイムプリパラ」最新8話で活躍を見せた華園しゅうか役の朝日奈丸佳は、「叶ってしまいました。この夢の先に皆さんと進んでいきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」と意気込む。東堂シオン役の山北早紀は、DressingPaféでの出演でないことを切ないとこぼしつつ、「シオンとらぁらで塩ラーメンとかどうかなって」と新たな活動にも意欲を見せた。虹色にの役の大地葉は、「アドパラ廃人大地葉です!皆さん『アイドルランドプリパラ』プレイしてますかー?」と率先してアプリの宣伝をしてみせた。

サプライズ満載のライブだったが、最後の曲を前に、真中らぁら役の茜屋日海夏が「史上最大の44人でお送りする、なんと新曲です!」と告げる。「私たちプリティーシリーズのアイドルが作品の垣根を越えて、応援してくださる皆さんと一緒に、これからもずっと歌いつないでいきたいという思いを込めた楽曲になっています」と述べ、全出演者で披露した新曲のタイトルは「FRIENDSHIP PALETTE」。「Join us」「Sing together」と「プリティーシリーズ」らしいメッセージが乗せられた楽曲で、約3時間にわたるライブの幕を下ろした。

昼公演では「キラッとプリ☆チャン」から、バーチャルミュージカル「ハイスクール!キラッとプリ☆チャン」が2024年2月10日、3月9日に配信されること、先がけてクラウドファンディング「ハイスクール入学プロジェクト!」が行われることが明らかに。また夜公演終演後には、「プリティーシリーズ」新作TVアニメの2024年4月放送開始が伝えられ、会場は大歓声に包まれた。各公演の配信は、12月17日までアーカイブ視聴が可能だ。

■ 「プリパラ&キラッとプリ☆チャン&ワッチャプリマジ! Winter Live 2023」公演概要
日時:2023年12月3日(日)
会場:千葉県 幕張メッセイベントホール
出演:林鼓子(桃山みらい役) / 久保田未夢(萌黄えも役・北条そふぃ役) / 厚木那奈美(青葉りんか役) / 芹澤優(南みれぃ役・赤城あんな役) / 若井友希(レオナ・ウェスト役・緑川さら役) / 森嶋優花(紫藤める役) / 茜屋日海夏(金森まりあ役・真中らぁら役) / 徳井青空(黒川すず役) / 佐々木李子(だいあ役) / ファイル―ズあい(輝アリス役) / 指出毬亜(輝イブ役) / 山下七海(キラッCHU役・太陽ペッパー役) / 大森日雅(メルパン役・月川ちり役) / 田中美海(ラビリィ役・真中のん役) / 斎賀みつき(ソルル役・紫京院ひびき役) / 山村響(ルルナ役) / 山北早紀(東堂シオン役) / 牧野由依(黒須あろま役) / 渡部優衣(白玉みかん役) / 真田アサミ(ガァルル役) / 佐藤あずさ(緑風ふわり役・ファララ・ア・ラーム役) / 山本希望(北条コスモ役) / 伊藤かな恵(めが姉ぇ役) / 伊達朱里紗(夢川ゆい役) / 大地葉(虹色にの役) / 山田唯菜(幸多みちる役) / 朝日奈丸佳(華園しゅうか役) / 山下誠一郎(夢川ショウゴ役) / 小林竜之(三鷹アサヒ役) / 土田玲央(高瀬コヨイ役) / 河合健太郎(大江戸シンヤ役) / 鵜澤正太郎(ウシミツ役) / 飯田里穂(香田澄あまり役) / 橘龍丸(マリオ役) / 廣瀬千夏(陽比野まつり役) / 内田彩(弥生ひな役) / 相良茉優(甘瓜みるき役) / 鈴木杏奈(心愛れもん役) / 庄司宇芽香(皇あまね役) / 藤寺美徳(御芽河あうる役) / 青野紗穂(ジェニファー・純恋・ソル役) / 小池理子(みゃむ役) / 引坂理絵(チムム役) / 吉河順央(きゃろん役)

(c) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ IPP製作委員会 (c) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PCH3製作委員会 (c) T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京/ PM製作委員会 (c) T-ARTS / syn Sophia / ILPP

このニュースに関するつぶやき

  • 総出演だな
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

オススメゲーム

ニュース設定