「生成AIに仕事が奪われる」と焦ってから1年……あなたの仕事はどうですか?

9

2023年12月04日 13:01  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

生成AIはライターの仕事を奪ったか?

  ITmedia NEWS Weekly AccessTop10(11月25日〜12月1日)


【その他の画像】


1 日本IBMで働くみんなのデスク環境 ステキ机ずらり


2 バンダイナムコでまた内部不正 廃棄庫から商品持ち出し、8700万円の利益 8年間気付かず


3 LINEヤフーで不正アクセス、約44万件の利用情報などが漏えい 委託先PCがマルウェア感染


4 三井住友銀行、ゆうちょ銀行ATMの手数料を値上げへ 4月1日から+110円に


5 これは便利 LINEで相手に“通知なし”でメッセージを送る方法


6 レールガンの実験動画、装備庁が公開 「複数枚の鋼板を打ち抜くことに成功」など研究成果をアピール


7 「ホロライブ公式ファンクラブ」がサービス終了へ 理由は「諸般の事情」


8 初心者におすすめしたいデジタル一眼5選


9 佐川急便、配達予定日の通知を一時取りやめ 荷物の大幅増で「配達に遅れが生じている」


10 Evernote、無料プランを大幅制限 ノートの上限数が10万→50に


 ITmedia NEWSにおける1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「ITmedia NEWS Weekly Top10」。今回は11月25日から12月1日までの7日間について集計し、まとめた。


 いよいよ12月。年末の足音が大きくなってきた。そんな先週のアクセストップは、日本IBMグループで働く人々のワークデスクを特集した記事だった。どのデスクもシンプルで、仕事ができる人たち! という印象だ。中でもコンサルタント・門脇直樹さんのデスクは、どこにPCがあるか分からない“森感”に二度見した。


●生成AIはライターの仕事を奪ったか? 23年12月現在


 ところで、2023年の「新語・流行語大賞」のトップテンに「生成AI」がランクインした。ノミネート語には「ChatGPT」も入るなど、生成AI関連が盛り上がった1年だった。


 振り返ってみると、この1年で生成AIは大きく変化した。22年7月に画像生成AI「Midjourney」がオープンβに移行、8月には「Stable Diffusion」が公開された。文章生成AI「ChatGPT」が登場したのは11月30日。あれから約1年だ。


 画像生成AIは、文章から一瞬でハイクオリティーの画像を作ってしまう。文章生成AIも同様だ。画像AIはイラストレーターの仕事を、文章AIはライターの仕事を脅かすのでは……22年末から23年初めにかけて、そのような記事が盛んに書かれた。筆者もライターの仕事の将来を悲観し、一時期、メンタルが不安定になったほどだ。


 あれから1年あまり。筆者はあいかわらずライターとして働いており、仕事の質量も変わっていない。むしろ、AIのおかげで楽になった部分もある。長文の概要をつかむとき、ChatGPTに要約してもらったり、英語のサイトから検索したいとき、Bing Chatに検索から日本語翻訳までワンストップでお願いしたり――。これまで自力でちまちまやっていた作業を、がっつりAIに任せることで、省力化できるようになった。


 一方で、AIに依頼してもどうにもならない仕事も多く、ライターとしての業務内容はほとんど変わっていない。


 他の職種の方々はどうなのだろう。イラストレーターやビジネスマン、エンジニアなどの仕事は、生成AIの発展に伴ってどう変わっただろうか? 楽になった? 厳しくなった? 実は「変わらない」人が一番多いかもしれない。


 そういえば、昨年の今ごろ筆者は「生成AIにいい感じのクリスマスの絵」を描いてもらう、という企画を試して記事で紹介した。この時、プロンプト作りを手伝ってくれたkobeni(@kobenidjourney)さんは今、生成AIで作った静止画を、AI動画にする試みを始めている。昨年AIが描いたいい感じのクリスマスの絵は、1年たって、動くようになった。


 24年の今頃には、いったい何が起きているだろうか。ワクワクする。


このニュースに関するつぶやき

  • どんなに頑張ってもAIに替わることはない。同業ですら私の仕事はほぼ不可♪ 将来が楽しみぃ ^^) あ、時計師です。メカのグランドファーザー専門の!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定