あなたは右利き? 左利き?実は生まれつきではなかった「利き手」がいつ決まるのか、脳科学者が解説!

235

2023年12月04日 20:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

右利きか、左利きか。利き手がどちらになるかは、どうやって決まるのでしょうか? 利き手は遺伝や生まれつきだけで決定するものではありません。わかりやすく解説します。

Q. 利き手はどうやって決まるのでしょうか? もともとの脳と関係ありますか?

右利きか、左利きか、「利き手」はどう決まるのでしょうか。両親が右利きでも子どもが左利きだったり、子どもの頃に矯正されて左利きから右利きになったりと、利き手にはさまざまなパターンがあります。わかっていることを解説します。

Q. 「利き手はどうやって決まるのでしょうか? 私の家族は兄だけ左利きです。生まれつきの脳のつくりと関係があるのでしょうか?」

A. 利き手と脳の関係は不明ですが、右利きが多いのは社会的な要素も大きそうです

利き手と脳の関係が議論されることがありますが、実はまだ真偽は不明です。

字は左手で書くが、箸やハサミは右手で使うという人もいます。野球で左投げのピッチャーでも、普段の生活はすべて右手中心だという人もいます。

そもそも「利き手」という考え方自体に、少し問題があると筆者は考えています。

あなたはリンゴをむくときにどちらの手を使いますか? 多くの人が包丁を右手に持って「右手」と答えるかもしれません。しかし、右手に包丁を持っていたとしても、実際にリンゴをむくときには実は包丁は固定していて、ほとんど動かさないはずです。

上手にむくためには、リンゴを持っている左手の方を巧みに回転させながら、包丁に押しあてる技術の方が重要です。ですから、包丁を右手に持っていても、実は「左手」でリンゴをむいているとも言えます。

キャッチボールをするときに、右手でボールを投げる人は、左手にグローブをはめてボールを受け取るのに慣れているでしょう。この場合、「キャッチするときの利き手は左手」ということになります。

また、利き手があったとしても、それは変わるものです。筆者自身は、物心ついたときには、箸も鉛筆もハサミも右手で扱う方がやりやすかったので、右利きに相当するのかもしれません。しかし、高校受験を控えた中学3年生の冬に、右側の鎖骨を骨折してしまい、生まれて初めて左手で箸を使ってみました。

最初はうまく扱えませんでしたが、そのうち不器用ながらも使えるようになりました。字も下手ですが、書けるようになりました。この体験からも、利き手は変えられると思っています。

ほとんどの幼児は、最初から決まった利き手はなく、生まれた時点では「両利き」だと言われています。どちらか一方の手で何かしなければならないとき、何となく「やりやすい」と感じた方を自然とよく使うようになり、利き手になっていくようです。

とくにハサミなどは、右手で使うことを前提に作られている市販品がほとんどですので、ハサミを使うときにはおのずと右手を使う必要が出てきます。多くの文字も左から右に書くというルールがあるため、右手に慣れていた方が楽です。

多くの親は「右手が使えないと将来困るだろう」と考えて、小さい頃から右手にクレヨンやスプーンを持たせたり、子どもが左手をよく使っていても矯正されるように促すため、結果的に右手を使う人が多くなるのだろうと思われます。

阿部 和穂プロフィール

薬学博士・大学薬学部教授。東京大学薬学部卒業後、同大学院薬学系研究科修士課程修了。東京大学薬学部助手、米国ソーク研究所博士研究員等を経て、現在は武蔵野大学薬学部教授として教鞭をとる。専門である脳科学・医薬分野に関し、新聞・雑誌への寄稿、生涯学習講座や市民大学での講演などを通じ、幅広く情報発信を行っている。
(文:阿部 和穂(脳科学者・医薬研究者))

このニュースに関するつぶやき

  • わかってないのか。確かに社会は右利き向けで動いてるからなぁ。
    • イイネ!15
    • コメント 11件

つぶやき一覧へ(142件)

前日のランキングへ

ニュース設定