【RIZIN】大みそか参戦ファイターカタログ「Vol.8 ジョン・ドッドソン」

0

2023年12月05日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ジョン・ドッドソン (C)ORICON NewS inc.
 大みそかに開催される格闘技『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)に向けて、ORICON NEWSでは大会の魅力を伝えるため、出場する全選手のプロフィールを紹介していく。

【動画】扇久保博正が語るドットソン戦への意気込みと、注目カード『海VSアーチュレッタ』『堀口VS神龍』の勝敗予想【単独インタビュー】

【大会はABEMA PPVで全試合を完全生中継】

 第8回は、バンタム級グランプリ王者の扇久保博正と対戦するジョン・ドッドソン。RIZIN参戦以来、圧倒的な力を見せつけた元UFCトップファイターが、今大会で新設されるフライ級ベルトを目指して実力者の扇久保を倒し、来年は腰にベルトを巻くことを目指す。

■ジョン・ドッドソン 基本データ
名前:ジョン・ドッドソン
出身地:アメリカ
生年月日:1984年9月26日
身長:160cm
体重:57.0kg
所属:JACKSON-WINK MMA
X:@JohnDodsonMMA

■プロフィール
学生時代はレスリング、アメリカンフットボール、陸上に励み、レスリングでは2度の州王者に輝く。高校卒業後、大学に通いながらグレッグ・ジャクソンの下でMMAの練習を始める。04年9月にメキシコで行われたDESERT EXTREMEでザック・ホワイト相手にプロデビューすると、1Rにリアネイキッドチョークによる一本勝ちを収め、2戦目は同年11月に日本で行われたDEMOLITIONで漆谷康宏と対戦するも判定による初黒星を喫している。

その後は数々の団体で経験を積み、11年6月からリアリティ番組「The Ultimate Fighterシーズン14」に参加。ジョン・アルバート、ジョニー・ベッドフォードらを下し決勝進出を果たす。11年12月のTUFバンタム級トーナメント決勝でTJ・ディラショーと対戦し、得意の左フックでダウンさせると追撃のパウンドでTKO勝ちを収めトーナメント優勝を果たした。その試合でノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞するなど、UFC本戦での活躍が期待された。

UFC本戦デビューとなった12年5月のUFC on FOX 3ではティム・エリオットと対戦し、3-0の判定勝ちを収め、10月にはジェシー・フォルミーガにTKO勝ちし2連勝を飾る。13年1月のUFC on FOX 6で世界フライ級王者デメトリアス・ジョンソンの持つベルトに挑戦し、試合前半にダウンを奪うも、判定負けを喫し王座獲得とはならなかった。しかし、再び連勝を飾ると15年9月にデメトリアスとの再戦、タイトルへの挑戦権を得るも、その牙城を崩すことはできなかった。

その後も数々の強豪と鎬を削り、20年8月のメラブ・ドバリシビリ戦を最後にUFCを離れる。21年10月、22年4月にはXMMAで2戦し、8月には素手で戦うベアナックル・ボクシングBKFCに参戦すると元UFCファイターのライアン・ブノワを得意の左フック4連打でマットに沈めた。

RIZIN初参戦となった22年12月のRIZIN.40大晦日大会で所英男と対戦すると、1Rに左ストレートで所を仕留めTKO勝利を挙げた。2戦目となった23年5月の有明大会でも竿本樹生に圧勝。3戦目となる今大会で扇久保博正をマットに沈め、タイトル戦線へ割って入りたい。

■RIZIN戦績
・2022.12.31 RIZIN.40
WIN vs 所英男 1R 1分43秒 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
・2023.05.06 RIZIN.42
WIN vs 竿本樹生 3R 判定(3-0)

●『RIZIN.45』対戦カード
・バンタム級タイトルマッチ
フアン・アーチュレッタ vs. 朝倉海
・フライ級タイトルマッチ
堀口恭司 vs. 神龍誠
・フェザー級
クレベル・コイケ vs. 斎藤裕
・フライ級
扇久保博正 vs. ジョン・ドッドソン
・バンタム級
太田忍 vs. 芦澤竜誠
・ヘビー級
スダリオ剛 vs. 上田幹雄
・階級未定
皇治 vs. 三浦孝太
・フェザー級
弥益ドミネーター聡志 vs. 新居すぐる
・ウェルター級
イゴール・タナベ vs. 安西信昌
・スーパーアトム級
伊澤星花 vs. 山本美憂

◆出場予定選手
鈴木千裕、平本蓮、YA-MAN、安保瑠輝也

◆会場チケット発売中
PPVはABEMA、U-NEXT、RIZIN 100 CLUB、RIZIN LIVEにて

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定