テスラ「サイバートラック」納車開始 発表から4年を経て 時速100kmまで2.7秒で到達

2

2023年12月05日 08:11  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

テスラ「Cybertruck」

 テスラモーターズ ジャパンは、電動ピックアップトラック「Cybertruck」について、12月1日から米国で納車を開始したと発表した。同モデルは2019年11月に発表されたもので、当初は2021年発売を予定していた。


【写真はこちらをクリック】テスラ「Cybertruck」を見る(計5枚)


 Cybertruckは、ステンレス鋼の外骨格ボディ、アーマーガラス、オールテレインタイヤを採用。最大積載量は約1134kgで約4990kgの牽引力を有する他、最高速度は209km/h、加速性能は時速0-100kmまで2.7秒で到達(ビーストモード時)するという。また、新たに採用したステアバイワイヤーとリアステアリングによって安定した高速走行を実現している。


 ボディーはサブマシンガンを使った“耐久試験”をクリア。銃弾を1つも貫通させなかったとアピールする。また、アーマーガラスは時速112kmの野球ボールや、クラス4のひょう(直径2.5〜5cm)に耐えられるという。フレームには、モデルYにも採用されているダイキャスト技術を使用。モデルYでは、70以上の溶接部品で構成されていたリアアンダーボディを6000トン級のダイキャストマシンでワンオフ成形。生産効率の向上とボディーの衝突安全性などにつながっているという。


 価格は、シングルモーターを搭載した「RWD」が6万990ドル(約894万円)、デュアルモーター駆動の「AWD」が7万9990ドル(約1174万円)、トライモーター駆動のAWDモデル「サイバービースト」が9万9990ドル(約1467万円)。


 1日の納車開始にあわせて米Tesla CEOのイーロン・マスク氏がCybertruckの動画を投稿。ポルシェ911と1/4マイルのドラッグレースをするもので、Cybertruckは911に勝利。しかも、ポルシェ911を1台牽引した状態で911に勝つという内容になっている。このポストは執筆時点(4日午後11時)で7166万再生を超えている。


このニュースに関するつぶやき

  • バックオーダーが約200万台。初回納車が12台。25年から25万台生産体制へ移行。基本グレードは25年まで生産、納車無し。完全消化できるまで約8年ってところか。今から予約できても納車まで数年は長いな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定