【RIZIN】大みそか参戦ファイターカタログ「Vol.19 イゴール・タナベ」

0

2023年12月05日 21:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

イゴール・タナベ (C)ORICON NewS inc.
 大みそかに開催される格闘技『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)に向けて、ORICON NEWSでは大会の魅力を伝えるため、出場する全選手のプロフィールを紹介していく。

【動画】芦澤竜誠、太田忍に暴言連発「バカみてぇな髪型」「お前こそMMA初心者」

【大会はABEMA PPVで全試合を完全生中継】

 第19回は、安西信昌と対戦するイゴール・タナベ。柔術で3年連続世界大会のメダルを獲得するトップ選手として活躍し、今年から参戦したRIZINでも圧倒的な強さを見せる逸材が、ベテランファイターの安西からも一本を奪えるか。

■イゴール・タナベ 基本データ
名前:イゴール・タナベ
出身地:ブラジル サンパウロ
生年月日:2000年5月9日
身長:184cm
リーチ:200cm(79inc)
体重:77.0kg
所属:セラヴィー
X:@fatninjabjj

■プロフィール
母親がダイエット目的でブラジリアン柔術を始めたのがきっかけで、自身も7歳から柔術を始める。キッズ時代はアダルトのカテゴリーで国内の柔術大会に出場すると数々のタイトルを獲得し、その才能を開花させる。17年にはムンジアルと呼ばれるブラジリアン柔術世界大会に青帯で出場し、3試合一本勝ちで優勝すると紫帯に昇格を果たした。18年にはIBJJFヨーロピアン、パンアメリカンで入賞し、ムンジアルで再び優勝。翌年には茶帯でムンジアル3位に入賞し、3年連続世界大会でメダルを獲得するなどその強さを証明した。

20年に入るとコロナ禍で国際大会のキャンセルが相次いだ為、国内の大会に出場し、グラップリングでもZSTやQUINTETなどに出場し黒帯昇格を果たす。11月のJBJJFの全日本大会では関根“シュレック”秀樹と対戦し、15-0と大差の判定勝ちを収める。JBJJFの全日本大会では21年・22年と階級と無差別の両方で優勝、2連覇という快挙を成し遂げた。

そんな中、青木真也らMMAトップファイターとグラップリングの練習していく中でMMAファイターになることを決意。プロデビューとなった21年 11月のHEATで清水洸志と対戦し、1R序盤に得意の三角絞めによる一本勝ちを収めた。22年12月の巌流島でBellatorで活躍したメルヴィン・マヌーフにヒールフックを極めMMA2連勝を飾る。

23年5月の RIZIN.42のリングに上がるとRIZIN参戦を発表し話題に。RIZIN初参戦となった同年7月の超RIZIN.2では元DEEPウェルター級王者の阿部大治から1R終盤にヒールを極め一本勝ちを収めた。RIZIN2戦目となった10月のRIZIN LANDMARK 6でもANIMAL☆KOJIから三角絞めでタップを奪い、4戦連続一本勝ちとなった。

憧れのファイターに同じブラジルで柔術家の元UFC王者チャールズ・オリベイラの名前を挙げているだけに、初めてウェルター級に挑む今大会で元UFCファイターの安西信昌からタップを奪い世界にアピールしたい。

■RIZIN戦績
・2023.07.30 超RIZIN.2 powered by U-NEXT
WIN vs 阿部大治 1R 4分34秒 SUB(バーバルタップアウト:ヒールホールド)
・2023.10.01 For Japan presents RIZIN LANDMARK 6 in NAGOYA
WIN vs ANIMAL☆KOJI 1R 3分40秒 SUB(タップアウト:三角絞め)

●『RIZIN.45』対戦カード
・バンタム級タイトルマッチ
フアン・アーチュレッタ vs. 朝倉海
・フライ級タイトルマッチ
堀口恭司 vs. 神龍誠
・フェザー級
クレベル・コイケ vs. 斎藤裕
・フライ級
扇久保博正 vs. ジョン・ドッドソン
・バンタム級
太田忍 vs. 芦澤竜誠
・ヘビー級
スダリオ剛 vs. 上田幹雄
・階級未定
皇治 vs. 三浦孝太
・フェザー級
弥益ドミネーター聡志 vs. 新居すぐる
・ウェルター級
イゴール・タナベ vs. 安西信昌
・スーパーアトム級
伊澤星花 vs. 山本美憂

◆出場予定選手
鈴木千裕、平本蓮、YA-MAN、安保瑠輝也

◆会場チケット発売中
PPVはABEMA、U-NEXT、RIZIN 100 CLUB、RIZIN LIVEにて
    ニュース設定