「実家の母がずっとやってた…」ホーロー製のやかん・ポット「間違えがち」な使い方にメーカーが警鐘 火災の恐れも

67

2023年12月06日 07:00  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

ストーブの上にホーロー製のケトル・やかんを乗せると危ないこと…知っていましたか?(いずれも富士ホーロー提供)

12月に入り、暖房器具が活躍する季節。ストーブを使う家庭も増え、加湿のためにお湯を入れたやかんやポットをストーブの上に乗せる人もいるのではないだろうか。そんな中、調理用品メーカー「富士ホーロー」が、呼び掛けている。「ホーロー製のケトル・やかん・ポットをストーブの上には絶対に乗せないでください」。ホーローとは、鉄、アルミニウムなどの金属材料の表面に、ガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。レトロな柄や色合いが人気だ。しかし、誤った使い方は危ないようで…。

【写真】ストーブにの上に置いてはいけない理由とは…

倒してやけどした例も

富士ホーローがX(旧ツイッター)で呼び掛けたのは11月29日。語呂合わせから「言いにくいことを言う日」に乗じて発信した。

理由は/紊蒸発した状態でストーブに乗せ続けると空焚き状態になり、ひび割れ・剥離の原因になる空焚きのまま水を入れたりシンクに置いたりすると、ヒートショック(温度差による急冷)でひび割れ・剝離の原因になるお湯が吹きこぼれた場合、ガスコンロと違って自動消火機能がないため、ストーブが不完全燃焼状態となり有毒ガスが発生する恐れがあるぅ好函璽嵋楝痢Ε吋肇襪転倒し、やけどする可能性がある―から。実際に、熱くなったハンドルを触ってこぼし「やけどをしたことがある」との声もあるという。

担当者によると、購入者からも「ストーブで使えないなら返品したい」という問い合わせを受けたことが過去にあったという。「当然のように、加湿効果も考えてストーブの上にやかんを乗せる方が増えますが、ダメと知るとショックを受けるのではないか、と言いにくいこととして伝えました」と話す。

アルミやステンレスでも同様

実際、驚いた人は多く、「普通にずっとやってた…」「実家の母がずっとやっていた」との意見も。一方で、投稿では「ホーロー製」となっているが、素材がステンレスやアルミ、銅製のものでも同じ。消費者庁が定める「家庭用品質表示法」によると、取り扱い上の注意としてストーブの上で使用しない旨が明記されている。

(まいどなニュース・山脇 未菜美)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ホーローって要はガラスだからね。落したり急冷すれば割れるし。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(43件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定