『ブルーロック』漢字ドリル発売 絵心の厳しい指導あり「調子に乗るなよ。お前らの漢字力は底辺だ」

10

2023年12月06日 19:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ブルーロック』漢字ドリル発売
 人気アニメ「ブルーロック」の小学校1〜6年生を対象にした漢字ドリルが発売された。

【画像】結構、難しい!名セリフを穴埋め 『ブルーロック』漢字ドリルの数ページ

 小学生で習う漢字を総復習できる漢字ドリル「ブルーロック生存(サバイバル)漢字ドリル」が登場。漢字の勉強は楽しくないもの、という常識を覆す、「楽しんで学べるドリル」を目指して作られたものになっている。

 内容は「漢字 青い監獄(ブルーロック)」では、漫画の登場人物たちといる設定のドリルだが、ブルーロック総指揮・絵心甚八(えごじんぱち)が、とにかく厳しい。冒頭ですでに「調子に乗るなよ。お前らの漢字力は底辺だ」とけなされる。

 中盤では「やめたきゃやめろ。漢字学習ごっこがしたいだけなら帰れ(ロックオフ)!」と言われる。「世界一熱い場所に、エゴイストは生まれる」と少しいいことも言ってくれるのだが、最後の合格者発表でも「お前の実力はそんなもんか?」と言われる。

 さらに「潰すなら一番強い奴!」など、ファンなら絶対一度は口にしたことがあるセリフで漢字の勉強ができ、名セリフがドリルで書ける。

 『ブルーロック』は、週刊少年マガジンにて連載中の同名漫画が原作で、サッカーW杯で敗れた日本代表に足りない“圧倒的エゴイズムを持ったFW選手”の誕生を目指し、日本が国を挙げた高校生選手育成プロジェクトを開始するサッカー作品。

 集められたのは300人の高校生、しかも全員FWという299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーの誕生までを描くストーリー。コミックスは累計2800万部を突破しており、2022年10月よりテレビアニメが放送、第2期の制作も決まっている。

 また、サッカー日本代表の三笘薫選手がゲームのCMキャラクターに起用し、『ブルーロック』とコラボした漫画誌『別冊フレンド』が異例の重版が決まるなど人気作品となっている。

このニュースに関するつぶやき

  • 対象年齢の子どもの手に届くんだろうか?大きなお友達や転売サイトに留まるような気がする。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定