愚痴ばかり言う母親に疲れてしまった…ストレスを溜めない付き合い方のコツは?【公認心理師が解説】

0

2023年12月06日 20:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

高齢になった母親と話が合わず、愚痴につきあわされてうんざりしてしまうというミドル世代の女性は、少なくありません。母と娘がストレスのない関係を保つために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

Q. 愚痴ばかりの母親に疲れました。どうすればいいでしょうか?

年を取った母親との関係に悩むミドル世代の女性は少なくありません。介護の不安など、娘が気を揉むことも増える一方で、話すと愚痴ばかりの母親にうんざりしてしまうという声もよく聞きます。ストレスを溜めずによりよい母娘関係を続けるコツは、あるのでしょうか?

Q.「47歳の女性です。離れて暮らす母がいるので、なるべく電話をしたり、実家を訪ねたりするようにしています。でも、いつも親戚や近所の愚痴ばかりを延々と聞かされて、うんざりしてしまいます。

連絡しないわけにもいかないのですが、本当にストレスを感じてしまいます。母の性格ももう変わらないでしょうし、これからどうつきあっていけばいいのでしょうか」

A. 愚痴の背景には、年をとることで感じる不安感があります。理解しつつ、一定の距離感も大切に

母と娘の関係をむずかしいと感じる方は、少なくありません。その原因のひとつに、ジェネレーション・ギャップがあります。たとえば、40代以上の女性の場合、母親の多くは60代から70代の高齢者になりますが、これだけ年齢が離れれば、同じ女性であっても常識や価値観は大きく異なるものです。

そのため、娘が母親の話に共感できずに話を聞くだけでイライラしてしまうこともあるものですが、そう感じるのもジェネレーション・ギャップによるものだと思えば、怒りも和らぐのではないでしょうか。

また、高齢者の愚痴が多いのは、年齢を重ねることで愚痴のタネが増えてしまうからでもあるのです。誰しも年をとると、体の衰えを感じて不安になったり、仕事や家族の世話などの役割を失って空虚な気持ちになったり、身近な人と死別が増えて切なく感じたりします。

こうしたことが重なると心が不安定になりやすくなり、つい愚痴が口をついてしまうものです。

「いつも愚痴ばかり!」と腹立たしく思うこともあるかもしれませんが、高齢の母親は年をとることでさまざまなストレスを抱え、心が不安定になっているのだと思えば、母に対して感じるイライラが少し軽くなるかもしれません。

愚痴が長引くようなら「お茶でも飲もうか」などと言って場の空気を変えたり、「これから出かけなきゃいけないんだ。また話を聞かせてね」などと言って上手に電話を切ったりして、愚痴を止めるのもよいでしょう。

「話を途中で切り上げてしまった」「最後まで話に付き合ってあげられなかった」などと考えなくても、大丈夫。母親のことを思い、時折電話をして安否を気遣ったり、顔を見せてあげたりするだけでも、十分に親孝行はできています。付き合いが苦にならないよう、ほどよい距離感を保っていくのが、母と娘のよい関係を長く続けていくコツです。

大美賀 直子プロフィール

公認心理師、精神保健福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を持つメンタルケア・コンサルタント。ストレスマネジメントやメンタルケアに関する著書・監修多数。カウンセラー、コラムニスト、セミナー講師として活動しながら、現代人を悩ませるストレスに関する基礎知識と対処法について幅広く情報発信を行っている。
(文:大美賀 直子(公認心理師))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定