“柴距離”を知らないゴールデンレトリバーに360万再生「柴犬ってパーソナルスペース広いの?」「しょんぼりしてるレトリバー可愛すぎ」

2

2023年12月07日 08:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ゴン太くんのパーソナルスペースに果敢に入り込むはちべぇくん(画像提供:gon_hatiさん)
「柴距離をまだ知らないゴールデンレトリバー」というTikTok動画が話題に。柴犬のゴン太くんに近づきすぎてしまったために吠えて怒られるゴールデンレトリバーのはちべぇちゃんの姿を映したこの動画は360万再生を突破。「柴距離難しいんだよねw」「柴ちゃんの『ほんとは怒りたくないのに』感がすごい」「吠えられた時のゴールデンの顔がかわいそう」などとさまざまなコメントが寄せられたが、温かい言葉が多く、飼い主さんは素直にうれしかったという。そもそも“柴距離”とは、一体どういったものなのだろうか?

■飼い主にも発動する“柴距離” 2匹の関係性は「ゴン太のことをお兄ちゃんとわかっているみたい」

【動画カット】“柴距離”を侵され牽制するゴン太くんVS.お兄ちゃんと遊びたいはちべぇくん …半年後の2匹の距離感まで

“柴距離”とは、柴犬が取る「人や犬との適度な距離感」のこと。柴犬が見せることが多い特有の行動で、人間におけるパーソナルスペースのようなものである。犬だけではなく人間に対しても発動され、「私にもしてきます。私がくっつくと離れていきます(笑)」 と飼い主さんは語る。

ただ、この動画の後は、2匹の距離感も少しずつ変化してきているという。

「はちべぇは頭がいいようで、今ではガツガツと近寄ることはなくなりました。ただ、逆にゴン太のほうがその日の気分でベッタリくっついたりしています…」

飼い主さん曰く、柴犬のゴン太くん(5歳)は気分屋さんとのこと。

「ワンちゃんも好きだけど、人が大好きです!一度かわいがってくれた人(近所のおばあちゃんなど)のことは覚えていて、しっぽを振って愛想を振りまいています」

一方、ゴールデンレトリバーのはちべぇちゃん(10ヵ月)は、ものすごく甘えん坊さんだそう。

「今はやんちゃで、甘噛みから突進など、パワフルで手がかかりますが、その分かわいいです。あと、ゴン太とは違って、はちべぇはビビリです」

ゲージに入るゴン太くんについて行くなど、はちべぇちゃんはほかにも柴距離を無視した行動を見せることもあるが、2匹の関係性は意外ときちんとしている。

「はちべぇはちゃんとゴン太のことをお兄ちゃんとわかっているみたいです。私たちも散歩やご飯など、何をするにも必ずゴン太から行動をするようにしているので、はちべぇもそれを感じているのでしょう」

■ご飯に夢中で“柴距離”を忘れる!? 衝撃的な光景に飼い主さんもビックリ

これまで2匹と暮らしてきて、特に飼い主さんの印象に残っている出来事は、「はちべぇがゴン太のハウスに入って一緒に過ごしている姿を見たこと」だという。

「あれは本当に衝撃的でした。『ご飯に夢中になって、はちべぇがこんなにも近くにいることをゴン太が許している!』と爆笑しました」

今までにTikTokに投稿したもののなかで飼い主さんの一番のお気に入りは、はちべぇちゃんが網戸に穴を開けた動画。半年前はまだ小さくて網戸を押すことしかできなかったが、10月の動画では完全に網戸を突き破る姿が映されている。

「ベランダにいるゴン太と遊びたくて、思わず網戸を突き破ってしまった動画なので、ベランダで寝ているゴン太の姿も映っています」

2匹のかわいい笑顔が大好きだという飼い主さんが今後望むのは、「2匹とも健康でずっとそばにいてほしい」ということだけだという。

「今回の動画は、ワンちゃんを飼ったことがない方からすると、ゴールデンのはちべぇがかわいそうだと感じると思います。ただ、2匹は普段は仲良くしているので、ぜひほかの動画も見ていただけたらと思います」

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定