サッカー日本代表、元日タイ戦メンバー決定 野澤大志ブランドン、伊藤涼太郎が初選出「未来に向けた戦力の底上げ」

0

2023年12月07日 13:24  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『AFC eアジアカップ2023』SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー発表記者会見の様子 (C)ORICON NewS inc.
 サッカー『TOYO TIRES CUP 2024「1.1 SAMURAI BLUE対タイ代表」』に臨む日本代表メンバー23人が7日、都内で行われた記者会見で発表された。

【写真】メンバー発表記者会見に登壇した森保一監督

 GKは、前川黛也、鈴木彩艷、野澤大志ブランドン。フィールドプレイヤーは、谷口彰悟、板倉滉、森下龍矢、町田浩樹、毎熊晟矢、伊藤洋輝、菅原由勢、藤井陽也、伊東純也、浅野拓磨、南野拓実、伊藤涼太郎、堂安律、上田綺世、田中碧、奥拔侃志、川村拓夢、中村敬斗、佐野海舟、細谷真大となった。

 今回の国際親善試合は、『TOYO TIRES CUP 2024』として来年1月1日に国立競技場で開催され、タイ代表と対戦する。森保一監督は、「今回のタイ戦でも勝利を目指しつつ、チームの戦術、個の経験を上げるというチャレンジをしたい。勝って、選手の頑張りを見ていただいて、良い一年のスタートになったと思っていただける試合にしたい」とし、「アジアカップにつながる貴重な場だと思いますので大切に戦いたい」と意気込んだ。

 チームについては、「我々が考えられるベストメンバー」と自信。国外リーグのシーズン日程などで招集できないメンバーも多かったが、「未来に向けた戦力の底上げとして、これまで招集したくてもできなかったメンバーを呼んだ」と言い、「アジアカップに向けて良い準備ができれば」と伝えた。

 今回は野澤大志ブランドン選手、伊藤涼太郎選手が初選出。森保監督は、野澤選手について「彼はオリンピック年代で、非常に力を着けている。これからの伸びしろを期待して招集した。経験値は自分が試合に出るというギラギラしたものを見せてもらいたい」と期待した。

 伊藤選手の起用理由については「いいプレーをしているから」ときっぱり。「我々はそのときどきに招集していない選手にも目を向けていて、日本代表として戦える戦力の発見、発掘をしている。その中で、新潟時代から現在はシントトロイデンVVで戦力として際立っている」とし、「いいところは攻撃。得点に絡む、奪う。シントトロイデンVVではまだ、そのすべてを発揮できているわけではないと思いますが、チーム内で存在感のあるプレーをしている」と評価した。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定