庵野秀明監督、『ウルトラマンタロウ』の楽曲を力説 オープニングに登場のアンドロメダが「出てこなかったですけど」

23

2023年12月07日 21:07  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『タロウ』の楽曲を力説した庵野秀明 (C)ORICON NewS inc.
 映画監督の庵野秀明監督が7日、都内で行われた円谷プロダクション創立60周年を記念して代表的な作品をセレクトして上映する『円谷映画祭2023』内で行われた『ウルトラマンタロウ』(1973年)の特別上映に参加した。

【写真】”タロウ”のフィギュアを持って手を振る庵野秀明

 庵野監督のセレクションで上映されたのは第1話「ウルトラの母は太陽のように」、第18話「ゾフィが死んだ!タロウも死んだ!」、第33話「ウルトラの国 大爆発5秒前」、第34話「ウルトラ6兄弟最後の日」だった。

 『ウルトラマンタロウ』のBGMに乗せて登場すると「いい音楽ですよね」と笑顔。放送当時は中学1年生だった。「50年ぐらい前の当時は中学生にもなって、こういう子ども番組を見てるっていうのはダメ扱いだった。友だちも卒業していった。仲間が1人、2人、また3人、4人と減っていくんですよ。たぶんクラスで『タロウ』見てたのは僕だけだと思うんです」と振り返る。

 『タロウ』のよさに目覚めたのは、大学以降の再放送だったそう。「大人になって『タロウ』のよさがようやく理解できた。ウルトラ兄弟が出てくる時は好きだったんですけど、『タロウ』全体の面白さに目覚めるには、やっぱりある程度年を取らないとダメです」と口にしていた。

 『ウルトラ』シリーズの中では、一際目を引く『タロウ』というネーミング。「円谷プロもどうしたのかな、と思いました」と話して笑わせた。しかし、1話を見て驚いたそう。オープニングも、それまでの影絵から映像に変わった。「オープニングが、とにかくカッコいい。アンドロメダは(本編に)出てこなかったですけど。オープニングだけなのもなかなかいい。ZAT基地の設定がどうなっているのかと思うぐらいカッコいい。どこにエレベーターがついているのか(笑)。そういうのを抜きにしても、本当にかっこいいオープニングです」と話した。

 曲も印象的だった。「さすが阿久悠先生だなと思います。すごくいい歌詞ですよね。『レオ』もいいんですけど。『タロウ』は本当に素晴らしい歌詞です。歌はいいですね」としみじみ語っていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 保育園のとき周りはドラゴンボールに夢中の中、ウルトラマン、仮面ライダーをビデオレンタルして見てました。ドラゴンボールの良さは分かりませんでした。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定