京アニ初の音楽CD付き絵本発売 新レーベル発足で石立太一×Evan Call『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』制作チーム再集結

16

2023年12月08日 17:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

音楽CD付き絵本『はぐれ星のうた』
 京都アニメーションに新レーベルKyoani Muse Laboが発足した。初リリース商品は音楽CD付き絵本『はぐれ星のうた』で、世界中に感動を届けたアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の制作チーム、石立太一(監督)×Evan Call(音楽)が再集結し、優しく温かなストーリーとなっている。フルカラー56ページ、価格は6600円。

【動画】冒頭から泣ける…『ヴァイオレット』感ある音楽付き絵本の紹介映像

 ふたりの少年が紡ぐ物語を、Evan Callによる壮大で美しい音楽と、京都アニメーション屈指のクリエイターが手掛けた繊細で豊かなイラストで彩り、本日より「京アニショップ!」通販サイトにて予約受付がスタート。12月30日、31日の「コミックマーケット103」で先行販売を実施する。

 『はぐれ星のうた』はイラスト・物語を京都アニメーションのクリエイターが手掛け、音楽は大河ドラマ『鎌倉殿の13人』や『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』はじめ、近年の様々な有名アニメーション音楽で知られるEvan Callが手がけた。

 「従来のアニメーション作品に捉われない、新しい作品を」というコンセプトのもと企画され、京都アニメーションとしては初めての挑戦となる絵本が誕生。絵本にはセットでCDが付いており、楽曲と一緒に世界観を楽しむことができる。

 13曲の楽曲はEvan Callが全て作曲した。絵本につく音楽CDという異例のスタイルながら、ハンガリーで収録を行った本格的な大編成のオーケストラ楽曲。物語に寄り添い、世界観を大いに広げてくれる必聴の楽曲となっている。

 ディレクターは『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』監督の石立太一(京都アニメーション)。石立は「この世界に入って楽しんでもらえる事を想像しながら、みんなで丹精込めて作った作品です。この『はぐれ星のうた』が皆さんのひと時を豊かにする事を心より願っております」とコメント。

 イラストは京都アニメーション所属、アニメの美術背景を担う新進気鋭のクリエイター・山崎詩央里、ストーリーはアニメ『Free!』シリーズ関連の脚本や台本を手掛けてきた佐藤綾乃。少年「ラズリ」が「エデン」と出会い、“うた”によって心を通わせていく、明日を生きる小さな手助けをしてくれる物語となっている。

■あらすじ
ありとあらゆる生き物が暮らしていた頃、森で一人の子どもが生まれました。
青い瞳をもつその子どもは、ラズリといいました。
ラズリは母の歌が大好きな心優しい子どもでした。
12歳になったラズリは、自分が母の本当の子どもではないことを知り、家を飛び出します。
悲しみに暮れていると、教会でエデンという少年に出会いました。
同じ年頃の、美しい金髪の少年でした。
エデンは、ラズリが持っている“青い木の実”のことを知っていました。
その木の実は、ラズリが母にもらった宝物でした。
そして二人は“青い木の実”がなる場所を目指して旅をはじめます――。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 流行りもんに乗っかっただけの、うっすいコメントをいっちょ噛みするキモヲタ100憶%アホンダラ土人(放火大量殺人犯の熱烈シンパ)
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定