【ワークマン】“爆売れダウン”の新作がスゴイ! 2023年はスタンドカラーが登場 スタイリッシュな高機能ウェア【前編】

0

2023年12月09日 09:20  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

ワークマンの大人気ダウン「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズ

 作業服や安全靴の販売でダントツのシェアを誇る「ワークマン」。最近ではデザイン性の高い製品が、幅広い世代に支持されています。その中でも、秋冬商品で大人気なのが「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズです。

【その他の画像】

 今回は、その「リペアテック洗えるフュージョンダウン」を取り上げます。昨年はシリーズ合計55万点を売り上げた、“爆売れダウン”です。2022年モデルと2023年モデルを比較して、どう変わったのかを紹介します。

●ワークマンの爆売れダウン「リペアテック洗えるフュージョンダウン」の機能について

 ワークマンのウェアの“4大機能”といえば、「FLAME-TECH(フレイムテック)防融」と「耐久はっ水」、「REPAIR-TECH(リペアテック)」、「洗えるフュージョンダウン」です。その内の2つの機能、針穴がふさがる「リペアテック」と洗濯可能な「洗えるフュージョンダウン」を搭載しているのが「REPAIR-TECH洗えるフュージョンダウン」シリーズです。

 生地に特殊加工を施すことで、針が刺さってしまっても自己修復が可能。またダウンに吸湿発熱わたを配合することで、ダウン同様の暖かさをキープしながら、ダウンの弱点である洗濯に強い仕様となっています。自宅で洗濯できて、しかも乾きやすいので、非常に扱いやすいダウンです。

 そしてもっとも注目の機能が、裏地に施された「ブラックアルミプリント」です。ブラックアルミは、従来のシルバーアルミ(裏アルミプリント)と比較すると、約1.5倍の保温性があります。

 このような機能を搭載しながら、販売価格はアンダー4000円(税込、以下同)。筆者が昨年購入した「リペアテック洗えるフュージョンダウンフーディー」と、今年購入した「リペアテック洗えるフュージョンダウンスタンドブルゾン」ともに、価格は3900円です。

 現在さまざまな商品の価格が上がっていますが、ワークマンのダウンの価格は据え置きです。これも見逃せないポイントといえます。

●「リペアテック洗えるフュージョンダウン」新旧比較レビュー:スタンドカラーが登場

 2022年シリーズと2023年シリーズの大きな違いは、フーディーに加えてスタンドカラーのジャケット(スタンドブルゾン)が登場したことです。2022年のフーディでも、首元の保温性はありましたが、スタンドブルゾンは首元のフィット感が上がったことで、さらに保温性が高まっています。

 またスタンドブルゾンには、フードが収納されています。インナーにパーカーを着ても干渉せず、雨風が強い時にはフードを出してかぶることもできる優秀ダウンです。

 もちろん、2023年もフーディータイプがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

●「リペアテック洗えるフュージョンダウン」新旧比較レビュー:スタンドブルゾンはポケットに変化あり

 2023年シリーズに登場したスタンドブルゾンは、フーディーとポケット数や位置が異なります。フーディーは、前面に4つのファスナー付きポケットと、内側に大型ムービングポケットを備えています。この大型ムービングポケットには、ペットボトルも収納可能です。

 これに対しスタンドブルゾンは、前面の両サイドに2つのファスナー付きポケットと、胸ポケットを1つ備えています。大型ムービングポケットは左右にあるので、合計5つのポケットが付いています。

    ニュース設定