“ぬい撮り”が決まらないときは「離れてズーム」で 初心者向けの撮影テクニックがためになる

28

2023年12月09日 20:48  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

被写体に寄って広角で撮ると、ライオンの鼻まわりが膨らんだような仕上がりに。これを解消するには?

 ぬいぐるみをスマホで撮ると、両目が離れて鼻が大きく見えたりしていまいち決まらない――そんな初心者に向けた撮影テクニックがためになります。


【画像】「離れてズーム」で撮影したところ


●「広角モード」にご用心


 その方法は至ってシンプルで、被写体から離れて撮るというもの。近くで撮ると、機種によっては広角や超広角モードが働き、ひずみが出てしまうところを解消するわけです。あとは好みでトリミングして整えればOK。トリミングが面倒な場合は、離れてズームで撮っても良いそうです。


 投稿主のコネコトリコさんは、ぬいぐるみ作りに役立つ情報を発信しているクリエイター。自身も撮影は得意でなく、スマホカメラでの撮影時に起きる「顔が伸びる・ゆがむ」現象について、多くの人に知ってもらえたらと投稿したそうです。


 撮影で特に注意を払いたいのは、顔面の平たんな人型のぬいぐるみとのこと。「動物ならば鼻が大きくともかわいらしく見えますが、人の場合は少しでもゆがむと違和感が生じるので、自分でも気を付けたい」とのことです。


 コネコトリコさんは、「推しのぬいぐるみを自分で作ってみたいけど、顔の刺しゅうが大変」という友人の声に応え、刺しゅうのオーダーメイドサービスを始動。その後ぬいぐるみ作家の平栗あずささんと縁があり、個人サイト「コネコトリコ工房」にてサービスを本格的に営んでいます。


画像提供:コネコトリコさん


このニュースに関するつぶやき

  • ぬい撮りしてます。SNSのフォロワーさんに同じくぬい撮りしてる方もいますが、大体行った場所とか食べたものと一緒に撮って単体で撮ることってないから、まずこんなことにならないんだけどな…
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定