【無印良品】SNSで話題の“掃除シート”で2カ月ぶりに洗面所を掃除してみた! 汚れ落ち具合は…?

4

2023年12月09日 21:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

無印良品から今年発売になった「水回りの汚れ用 掃除シート」が「一度使ったら手放せない」とSNSで話題です。どれほどのものか気になったので、2カ月汚れをためた洗面所を掃除してみました。果たして、その汚れ落ち具合は……? 驚きの結果が待っていました!
さまざまな掃除用品を販売している無印良品ですが、その中でも今年発売となった「水回りの汚れ用 掃除シート」が「一度使ったら手放せない」とSNSでも話題です。

「水回りの汚れ用 掃除シート」は1枚のサイズが約22×20センチで30枚入り。価格は税込299円なので1枚あたり約10円となっています。ロールとなっていますが、ミシン目が入っているので1枚ずつ簡単にカットすることができます。
1枚のサイズは約22×20センチ

研磨剤不使用で表面がザラザラしているシートで、焦げつきなどの頑固な汚れも落としてくれる優れもの。無印良品公式サイトの使用場所例としては、コンロ、シンク、食器、フライパン、鍋、換気扇、蛇口周り、浴室が挙げられています。
研磨剤不使用で表面がザラザラしている


「水回りの汚れ用 掃除シート」を使って2カ月汚れをためた洗面所を掃除してみた

「水回りの汚れ用 掃除シート」を購入してからその効果を試すべく、洗面所の汚れを2カ月掃除せずにためてみました。蛇口には水垢がつき、根元にも汚れが固まっています。特に根元の汚れは手でこすったくらいではびくともしないほどに汚れていました。
2カ月掃除をしていない蛇口周り

洗面台の白いボウルもパッと見は汚れていないように見えても、角度を変えて見ると汚れがこびりついているのが分かります。
白い洗面台のボウルも汚れている

「水回りの汚れ用 掃除シート」は研磨剤不使用。でも、少量の水をつけて洗面台ボウルをこするだけで、汚れがシートに引っかかりスルスルと取れていくのが分かります。
少量の水だけで洗面台ボウルの汚れが落ちた

蛇口の根元の汚れはかなり頑固に固まっていましたが、それでも「水回りの汚れ用 掃除シート」で数回こすることで落とすことができました。
薄いシートなので、蛇口の根元にも巻きつけることができる

薄いシートなので蛇口の根元の細い部分の汚れもスッキリ。
「水回りの汚れ用 掃除シート」で掃除した蛇口水栓の根元

蛇口のハンドル部分の隙間にも汚れがたまっています。ここは「水回りの汚れ用 掃除シート」を半分に切って細くし、隙間の中に入るようにして掃除しました。
細く切って隙間の掃除もできる

全体についた水垢も「水回りの汚れ用 掃除シート」に水をつけてこするときれいスッキリ。ピカピカと輝きを取り戻しました。
水垢もスッキリ落ちた

薄いシートのため汚れている箇所をシートでつまんで掃除することができるので、五徳などの細かい汚れを取るのにも便利です。
汚れている箇所をつまんで掃除することができる

掃除用のスポンジだと使っていないときに置いておく場所の確保や、衛生面を考えてしっかりと水切りをする必要があったりしますが、使い切りの「水回りの汚れ用 掃除シート」ならその心配も不要です。

洗って絞ってもなかなか破れないので、1枚の「水回りの汚れ用 掃除シート」でキッチンシンク、洗面台、浴室と続けて掃除すると、よりコストパフォーマンスよく使うことができます。

日頃の掃除にも大掃除にも「水回りの汚れ用 掃除シート」はおすすめです。
(文:矢野 きくの(節約ガイド))

このニュースに関するつぶやき

ニュース設定