【RIZIN】大みそかに平本蓮vs.YA-MAN正式決定! SNSバトルの決着はリング上でつける

0

2023年12月10日 16:38  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

大みそか『RIZIN.45』で対戦が決定した平本蓮(左)とYA-MAN (C)ORICON NewS inc.
 大みそかの『RIZIN.45』(さいたまスーパーアリーナ)の追加対戦カード発表会見が10日、東京・渋谷サクラステージで行われ、SNSで激しい舌戦を繰り広げていた平本蓮(25)とYA-MAN(27)の試合が決定した。多くのファンの注目を集めたSNSバトルは、リアルファイトとして大みそかのリングで決着をつける。

【動画】平本蓮、YA-MANと試合決定で朝倉未来へ思い語る「敵討ちじゃない」【RIZIN】

 7日から勃発した平本とYA-MANのバトル。平本が『FIGHT CLUB』でのYA-MANと朝倉未来戦について「明らかに撃ち合いしか出来ない明らかに狭いリングで自分のルールでぶっ飛ばしたお前の方が明らかにRIZINを愚弄してるね。カスが。殺してやるからな」と強烈にディスると、YA-MANも「殺すんだろ 俺もお前のこと本気でぶっ殺したいわ やってみろよ いつでもどこでもやってやるよ その言葉使うんだったらレフリーストップもタップもねえからな」とアンサーしていた。

 ピリピリしたムードで迎えたこの日の会見、先にマイクを持ったYA-MANは「リングでやれて良かったな。街中だったらぶっ殺してたぞ」と静かに挑発するも、平本は「そういうのはいいんだよ。ヤクザごっこやってるんじゃねーよ。格闘家だろ」と一蹴。

 続けて「今日はちょっと皆さんに本音を語ろうかと思って」と切り出し、「20歳のときにK-1にいたけど、いつ崩壊するか不安で怖かった。K-1を抜けてもっと盛り上がる格闘技をやりたいと思ったときに朝倉未来が現れて、『こんなヤツを待っていた』ってシンパシーを感じたというか感動して。あいつのおかげでMMAを始めることができて、自分が盛り上げようと思った結果、喧嘩を売って盛り上げた」と朝倉未来への思いを語りだした。

 「最初はバカにされたけど、自ら話題を作り続けて。ドミネーターに勝ったけど、斎藤裕選手に負けてしまって、なんでチャンスを逃しちゃうんだろうと腐ってた」と自身のキャリアを振り返り、「朝倉未来がYA-MANにキックルールで負けて悲しくなった。日本の格闘技界が盛り上がったのは朝倉未来のおかげ。ここで勝って来年に朝倉未来と試合をします」とYA-MAN戦に勝利し、朝倉未来との試合を希望した。

 そのほか、対戦予定だった木村“フィリップ”ミノルのドーピング検査が「陽性」だったため試合が消滅となっていた安保瑠輝也が、急きょMMAに初挑戦することが決定し、元K-1王者の久保優太と対戦する。

 さらに、平本蓮の弟がRIZINデビューし、昨年の大みそか以来のRIZIN参戦となるYUSHIと対戦。同じく平本の練習仲間のKrush王者の篠塚辰樹が、BreakingDownで連勝中の冨澤大智と対戦が決定した。

●『RIZIN.45』対戦カード
・バンタム級タイトルマッチ
フアン・アーチュレッタ vs. 朝倉海
・フライ級タイトルマッチ
堀口恭司 vs. 神龍誠
・フェザー級
クレベル・コイケ vs. 斎藤裕
・フライ級
扇久保博正 vs. ジョン・ドッドソン
・バンタム級
太田忍 vs. 芦澤竜誠
・ヘビー級
スダリオ剛 vs. 上田幹雄
・スーパーアトム級
伊澤星花 vs. 山本美憂
・65キロ級(5分2ラウンド)
皇治 vs. 三浦孝太
・フェザー級
弥益ドミネーター聡志 vs. 新居すぐる
・ウェルター級
イゴール・タナベ vs. 安西信昌
・フェザー級
平本蓮 vs. YA-MAN
・70キロ級(5分2ラウンド)
安保瑠輝也 vs. 久保優太
・60キロ級キックルール(OFG)
篠塚辰樹 vs. 冨澤大智
・バンタム級
平本丈 vs. YUSHI

◆会場チケット発売中
PPVはABEMA、U-NEXT、RIZIN 100 CLUB、RIZIN LIVEにて


動画を別画面で再生する



    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定