今治、工藤直人監督の退任を発表「FC今治には、明るい未来が待っています」

0

2023年12月10日 20:20  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

今治が工藤直人監督の退任を発表
 FC今治は10日、2023シーズンをもって工藤直人監督が退任することを発表した。後任については、決まり次第改めて伝えられる。

 現在41歳の工藤氏は現役時代に愛媛FCや今治などのクラブでプレー。現役引退後は指導者に転身すると、今越FC時代も含めて古巣の今治でU−15チームの指揮官を務めた。以降は今治でモデル事業部部長やトップチームのコーチに従事。2018年6月にはJFL(日本フットボールリーグ)シーズン途中の監督退任に伴い、トップチームの指揮官に就任した。シーズン終了後からはトップチームのヘッドコーチを務め、2022年にはU−18チームの監督を経験した後、翌年からはトップチームで再びヘッドコーチを担当。今季は睫斃己監督が指揮を執っていたものの、8月に同監督が退任すると、暫定監督を経て正式に監督に就任した。

 2023シーズンの今治は明治安田生命J3リーグで終盤戦まで昇格争いを演じたが、第37節の結果をもって昇格の可能性が消滅。最終的には全38試合で16勝11分11敗の成績で勝ち点「59」を積み上げ、4位でシーズンを終えていた。

 退任を受け、工藤氏はクラブを通してコメントを発表。J2昇格という目標を達成できなかった悔しさに言及しつつ、クラブに関わる関係者への感謝を綴った。

「FC今治に関わる全ての方へこの度、監督を退任するようになりました。J2昇格するために必要なことを考えてやってきましたが、成果を残すことができませんでした。短い期間でしたが、素晴らしい選手とスタッフには心から感謝しています」

「また、FC今治の活動にご支援・ご声援してくださったパートナー企業様・Voyageの皆様・サポーターの皆様にJ2昇格の瞬間を一緒に味わうことができなかったこと、本当に申し訳ございません。今治モデルの選手や指導者・保護者、バックスタッフの方、いつま朝早くから遅くまでFC今治のために、本当にサポートありがとうございます」

「FC今治には、明るい未来が待っています。きっと、今治ファミリーを笑顔にしてくれます。2024年はFC今治にとって素晴らしいシーズンになることを願っております

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定