下野紘<鬼滅の刃>新作収録で注意受ける 気合い入りすぎで「ちょっと落ち着いてもらっていいですか」

4

2023年12月11日 11:46  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

鬼滅テレビ-THE WORLD- (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
 アニメ『鬼滅の刃』の特別番組『鬼滅テレビ -THE WORLD-』が10日、ABEMAで放送された。竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門禰豆子役の鬼頭明里、我妻善逸役の下野紘、嘴平伊之助役の松岡禎丞、時透無一郎役の河西健吾、胡蝶しのぶ役の早見沙織が出演し、作品トークを展開した。

【動画】公開された柱稽古編の新映像も!裏話続々の『鬼滅テレビ』の様子

 まず、新作アニメ「柱稽古編」が2024年春に放送されることが発表されると、すでに収録も始まっているそうで、現場の雰囲気を聞かれた早見は「ゾクゾクします。もう大人数で収録できるので、柱の面々がずらっと椅子に座っているだけで、ちょっと痺れますね」と告白。

 また、合同で収録できるようになり、初めて本作のアフレコで一緒になるキャストもいたという花江は「本当に炭治郎が喋ってるんだ」と感激されたことを明かし笑いを誘った。

 さらに下野がアフレコでの一幕を明かす場面も。「刀鍛冶の里編」であまり出番がなく、「柱稽古編」を心待ちにしていたという下野は、気合いが入りすぎてしまい、アフレコの際に「すいません下野さん。ちょっと落ち着いてもらっていいですか」と指摘されたこと打ち明けて爆笑させた。

 ほかにも番組内では、『鬼滅祭〜アニメ伍周年記念祭〜』や『オーケストラコンサート〜鬼滅の奏〜刀鍛冶の里編』の開催など、最新情報が続々と解禁されたほか、来年4月に発売されるゲーム『鬼滅の刃 目指せ!最強隊士!』の体験プレイでは、花江、下野、松岡、河西が白熱の戦いを繰り広げる場面も。

 最後はキャストそれぞれがメッセージを送った。

早見:「どんどん広がっていく『鬼滅の刃』に、私も精一杯力を込めてやっていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします」

河西:「世界に向ける“ジャパニメーション”に参加させていただけて本当に嬉しいなと思います。我々と一緒に『鬼滅の刃』、楽しんでください。」

松岡:「来年も“鬼滅イヤー”ですよ!猪突猛進!」

下野:「スタートからもしかしたら耳を塞ぎたくなるような大絶叫が流れるかもしれませんが、柱稽古編で久しぶりに善逸、そして伊之助も登場しますので、是非ともそちら含めてご覧いただけたらなと思います」

鬼頭:「『鬼滅の刃』は、規模が大きいことを常にやっていて、それに私も参加させていただいたり、ファンの皆さんと一緒に楽しむことができて幸せだなと改めて思いました。これからもぜひぜひみんなで一緒に、『鬼滅の刃』を楽しみましょう」

花江:「来年のアニメ放送に向けて楽しみなプロジェクト目白押しで、また“鬼滅イヤー”になるんじゃないかなってワクワクしております。日本の隊士の皆さんはもちろん、世界中の鬼殺隊の皆さんにご協力いただいて、一緒に『鬼滅の刃』を盛り上げて、一緒に鬼舞辻無惨を倒そうぜ!来年も全集中!」

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画が原作で、コミックス累計1億5000万部を突破する人気作。

 大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために<鬼殺隊>へ入隊し、旅に出る物語。

 2019年4月から9月にかけてテレビアニメ第1期が放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月に公開され国内の興行収入400億円を突破する大ヒットとなり、2021年12月から映画の続きを描くテレビアニメ第2期「遊郭編」が放送。そして、第2期の続き第3期「刀鍛冶の里編」が2023年4月から放送された。

 制作が決まっている新作テレビアニメ『鬼滅の刃 柱稽古編』は、原作コミックス15〜16巻にかけてのエピソードで、炭治郎たちがさらに強くなるため、鬼殺隊の最高位の剣士・柱たちから稽古を受けるストーリーが展開される。

このニュースに関するつぶやき

  • 何とも下野さんらしい感じのあるお話ですね。善逸役のオーディションを勝ち抜いた時は「汚い高音選手権に優勝しました」とか言われた気がします。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定