『このマンガがすごい! 2024』1位作品発表 オトコ編『ダイヤモンドの功罪』・オンナ編『うみべのストーブ 大白小蟹短編集』

148

2023年12月11日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『このマンガがすごい! 2024』表紙(宝島社)
 13日に発売される漫画ランキング本『このマンガがすごい! 2024』(宝島社)の1位作品が発表された。今年のオトコ編第1位は『ダイヤモンドの功罪』(作者:平井大橋)、オンナ編第1位は『うみべのストーブ 大白小蟹短編集』(作者:大白小蟹)が選ばれた。

【画像】どんな漫画?主人公に闇感じる?『ダイヤモンドの功罪』1巻

 『このマンガがすごい!』は、2022年10月1日から2023年9月30日の1年間に単行本として発表された漫画作品から、もっとも注目すべき作品を選出する漫画ランキング本。ランクインした作品の単行本の売り上げに大きく影響することから、各出版社、書店から大きな注目を集めている。

 今年のオトコ編第1位に選ばれたのは『ダイヤモンドの功罪』(作者:平井大橋)。野球をテーマにした読み切り作品を描いてきた平井氏による初連載作。連載開始当初からバズりにバズった話題作が、勢いそのままに1位に選ばれた。

 主人公は、恵まれた体格と抜群の運動神経を誇る小学5年生の綾瀬川次郎。その天才性ゆえにどんなスポーツクラブに入っても常に疎外感を抱いていたが、そんなとき“楽しい”をモットーとする少年野球チームのチラシを目にする…。野球を題材に少年期の心理面にフォーカスした青春群像劇となっている。

 オンナ編第1位に選ばれたのは『うみべのストーブ 大白小蟹短編集』(作者:大白小蟹)。短編集が第1位を獲得するのはとても珍しいうえに、これがデビュー単行本という大白氏。

表題作「うみべのストーブ」は、恋人のえっちゃんにフラれ、泣き暮らすスミオを慰めたのはストーブだった。ストーブはスミオを「海へ行こう」と誘い…。恋人と過ごした日々をストーブの視点から描いた物語となっており、ほか「雪を抱く」「海の底から」「たいせつなしごと」など7篇を収録している。

 同誌では、昨年の『このマンガがすごい! 2023』でトップ20にランクインした人気漫画家が登場する「あの人気漫画家に聞く! このマンガがすごい!」や、「あのマンガのこのシーンがすごい!」なども収録。

 さらに、オトコ編1位の平井氏による描きおろし漫画と、オンナ編1位の大白氏のインタビューのほか、オトコ編・オンナ編の各50位までを紹介している。

このニュースに関するつぶやき

  • この賞の1位は書店に平積みになるが、今までに買いたいと思った作品はない。オトコ編・オンナ編と分けるほど読者の性別を明確に区別する漫画は減っていると思う。
    • イイネ!14
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(82件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定