「一度やったら戻れない」レンジで3分→生麺みたいにもちツルに!SNSで話題の裏技はなぜ美味しいのか 日清食品が明かす秘密

70

2024年02月07日 07:00  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

通常はお湯をかけて5分待って食べるどん兵衛。実はつるっともっちり食感を楽しめる裏技がある!?

ロングセラーカップ麺「日清のどん兵衛」を耐熱容器に移してお湯を注ぎ、500Wのレンジで3分間温めると、もちもち食感が増す裏技が、SNS上で話題になっている。体験談も多く、「いつもよりコシがあるように感じた」「生麺みたいにツルッツルの喉越しで、一度やったら戻れない」などの声が続々。製造元の日清食品に、美味しさの秘密を尋ねた。

【写真】いつもより透明感がある!?つるっとした舌ざわりが美味しいレンチンどん兵衛

麺をグツグツ茹でている状態で熱伝達

「レンチンどん兵衛は、以前から弊社公認の調理方法として紹介しています」と日清食品。レシピは‖冉容器に移して、どん兵衛にお湯(約410ml)を入れ、 ラップをして電子レンジ (500W) で3分加熱―というものだ。実際に筆者も試してみたが、普段より麺が透き通り、つるっとした舌ざわりが楽しめた気がした。

では、どうして美味しく感じるのだろう…?「通常の湯かけ調理の場合、時間の経過とともにお湯の温度が下がっていきます。一方で、レンジ調理は麺をグツグツ茹でている状態で熱をかけ続けることができるため、でんぷんのアルファ化がより進み、麺に透明感やもちもち感が出てきます」と説明。同社のホームページでは、バターを乗せたアレンジレシピ「レンチン洋風どん兵衛」も紹介している。

レンチンどん兵衛の正確な発祥時期などは分からないというが、2011年5月には「レンジどん兵衛 旨辛チゲうどん / 濃厚カレーうどん」という商品を発売。水を入れ電子レンジで加熱 (500Wで6分) し、麺を茹であげることで今までのカップうどんにはできなかった「茹でたてのおいしさ」を実現していたという。

同社はレンチンどん兵衛を作る時は、「必ず耐熱容器に移し替えて調理してください」と注意を呼び掛ける。そのまま電子レンジにかけると、噴きこぼれや変形によって火傷する恐れがあるほか、フタにアルミを使用しているため、発火、破損の原因になるという。

(まいどなニュース・山脇 未菜美)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • そこまでするならどん兵衛の冷凍うどん作る。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(39件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定