ダイハツ、2車種の生産再開=不正拡大後初、京都工場で

35

2024年02月12日 11:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

ダイハツの京都工場に出勤する従業員ら=12日午前、京都府大山崎町
 ダイハツ工業は12日、京都工場(京都府大山崎町)で商用車2車種の生産を再開した。認証不正拡大を受け、昨年12月下旬に国内での生産を停止して以降、再開するのは初めてとなる。同社は国土交通省が安全性を確認した車種について順次生産を始める方針だが、同省の検証作業は完了しておらず、全面再開は見通せない。

 同日朝、京都工場に出勤してきた製造部門の男性従業員(44)は「不安はあるが、今まで以上にいいものを作りたい」と意気込みを語った。検査部門で勤務する別の男性従業員(57)は「悪いところは正していきたい。新たな気持ちで、一から再スタートで頑張る」と話した。

 京都工場で生産を再開するのは、OEM(相手先ブランドによる生産)で供給するトヨタ向けの「プロボックス」とマツダ向けの「ファミリアバン」。国交省は1月19日に安全性を確認し、出荷停止を解除した。これらの2022年度生産台数は計約5万7000台と国内生産に占める割合は6%程度にとどまる。 

このニュースに関するつぶやき

  • ダイハツかどこか忘れたけど対向車のライトがクッソ眩しくて文句言ってたら、夫が「あれは製造時点で規定位置より若干上向いたまま売られた車種だよ」って言ってた
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ニュース設定