<義母から一字!?>親は私たち。だから絶対に妥協しない!夫婦で話し合った結果……?【後編まんが】

0

2024年02月12日 22:10  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ
【第1話】から読む。
前回からの続き。私(マナミ)はこのたび第一子の男の子を出産しました。出産前に夫(ヒロキ)とある程度の名前の候補は挙げていたのですが、実際に産まれてきたわが子を見て決まったのは「トモヤ」という名前。すると夫は漢字を「智也」にしようと言い出します。実は義母の名前は「智子(サトコ)」。私と義母の関係はとても良好ですが、同じ漢字をつけることには抵抗感があります。しかし夫にいくら説明しても、「漢字は同じでも読み方が違うから」とか「そんなにウチの母親が嫌いなの?」と何ひとつ伝わりません。このまま折れるわけにはいかない。意を決して、再び夫を説得する私なのでした。

私は夫に、自分の気持ちをていねいに伝えました。義母が嫌いなわけではありません。しかし「トモヤ(仮)」に同じ漢字をつけることで、どうしても義母を思い出してしまうことがいやなのです。それは義母にかぎったことではなく、誰の名前であっても同じこと。「トモヤ(仮)」は私たち夫婦の子どもです。私がいやだと感じている以上、別の漢字をつけたいのです。
3-1-23-2-1
「義母」から1文字もらうかもらわないかという表面的なところではなく、誰からも文字をもらいたくないとしっかりと伝えたことで、夫は納得してくれました。
今度はふたりで「トモヤ(仮)」につける漢字についてしっかりと話し合います。
3-2-23-3-1
「トモヤ」という名前自体を変えるという選択もありましたが、産まれてきたわが子の顔を見て私も夫も「トモヤ」という名前が浮かんだのです。それを変える気にはなりませんでした。そこで「トモヤ(仮)」が産まれたときの様子を振り返ってみることに。深夜の病院、生まれるまでの不安、そしてこの世に誕生したわが子。あのときのことを思い出すうちに、ピッタリの漢字があることに気づいたのです。

3-3-2
「灯也」という名前を聞いた義母はとても喜んでくれました。あらためて、この漢字に決めてよかったと思いました。夫婦は元々は赤の他人。互いの価値観も、考え方も違うのが当たり前です。だからこそ、何が嫌なのかをしっかりと伝えることを心がけていきたいなと感じました。ふたりが納得したことを、子どもに与えていきたい。どちらか一方が我慢を強いられる関係ではなく、互いの妥協点を見つけて歩んでいく。そんな建設的な話し合いができて、本当に良かった。これからも2人で「灯也」の成長をサポートしていきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・よし田 編集・みやび

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定