新NISAを始めない人が「損すること」3つ

7

2024年02月20日 12:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

2024年から新NISAが始まります。投資家の筆者から見ても「お得」な制度なので、使わないともったいないです。本記事では「新NISAを始めない人が損すること」を3つ紹介します。
2024年から新NISAが始まります。投資家の筆者から見ても「お得」な制度なので、使わないともったいないです。本記事では「新NISAを始めない人が損すること」を3つ紹介します。

その1:貯蓄がはかどらない

新NISAを始めない人が損することの1つ目は「貯蓄がはかどらない」ことです。

新NISAには「つみたて投資枠」があります。これは、毎月、定額をつみたてて、投資に回そうという枠です。

「つみたて」は貯蓄の鉄板です。筆者もいろんな方法で貯蓄を試してきましたが、一番うまくいったのが、「毎月、定額を、コツコツ貯める」つみたて貯蓄でした。

つみたて貯蓄を始めると、はじめは「ちょっと生活がキツイな」と窮屈に感じることもあります。しかし、はじめはキツくても、続けるうちに慣れてきます。気づいたころには、ドンドンお金が貯まっているハズです。

その2:収入が増えない

新NISAを始めない人が損することの2つ目は「収入が増えない」ことです。

つみたてで貯蓄するだけなら、新NISAを使わなくても「定期預金」で十分です。しかし、筆者としては定期預金よりも新NISAを推したいところです。

なぜかというと、いまの定期預金で得られる利息は微々たるものだからです。しかも最近は、利息よりも早いペースで食べ物や家などの値段が上がっています。定期預金でお金を預けても、みるみる買えるものが減ってしまいそうです。

一方、新NISAは「預金」ではなく「投資」です。株式投資信託(ETF)を買ったり、不動産投資信託(REIT)を買ったりすれば、配当金や分配金を受け取って、家計の足しにできます。値下がりするリスクは伴いますが、配当金や分配金の利回りは、定期預金の利息よりもはるかに高利回りです。

その3:税負担が増える

新NISAを始めない人が損することの3つ目は「税負担が増える」ことです。

すでに資産運用をしている方は、新NISAで株を買うことで税負担を減らせると期待できます。何万円も税負担が減らせる場合もありますから、節税効果はバカにできません。

まとめ

要点をまとめると、新NISAを始めない人が損することは以下の3つです。

◯貯蓄がはかどらない
◯収入が増えない
◯税負担が増える

「いきなりリスクを取るのは怖い」という方は、少額から試してみるとよいでしょう。はじめは数千円から始めてみて、勉強しながらイメージが掴めるにつれて、ペースを上げていくといいと思います。

文:中原 良太(個人投資家・トレーダー)

18歳に株を始め、25歳でYahoo!株価予想達人で「ベストパフォーマー賞」を受賞。主に株式投資とマネー(お金)についての情報をSNSやYouTube、メルマガなどで発信。IQ上位2%のMENSA会員。
(文:中原 良太(個人投資家・トレーダー))

このニュースに関するつぶやき

  • DC年金を積み立てて、暫くしてリーマンショックで目も当てられない状態になったが、放置してたら勝手に回復した。年利換算で3〜4%くらいかな。「投資は怖い」と決めつけていたら、資産は徐々に目減りするだけ。
    • イイネ!9
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(6件)

前日のランキングへ

ニュース設定