「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた

88

2024年02月20日 17:04  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

閉店のメッセージ

 肉料理専門のレストランや焼肉店で知られる「肉の万世」が2月20日、公式サイトなどで秋葉原本店を3月31日をもって閉店とすると発表した。そこで話題になったのが「パーコー麺がもう食べられなくなるのではないか」との不安の声だ。


【その他の画像】万世の「パーコー麺」を見る


 パーコー麺(パーコ麺)はクセになる味のスープと排骨(パーコ)をはじめとした肉の具材がたっぷり盛り付けられたラーメン。今回閉店が伝えられた秋葉原本店のある「万世本店ビル」の万世橋酒場で提供されており、肉の万世といえばパーコー麺というほどファンも多い。


 秋葉原を象徴するビルのひとつだった「万世本店ビル」にある全店舗が閉店し、33年の歴史に幕を閉じるわけだが肉の万世の店舗はほかにもある。秋葉原には新たに「アキバプレイス店」が3月25日にオープン予定。ねとらぼ編集部が問い合わせると、今のところ同店でパーコー麺の提供は予定されていないという。


 ネットでは「本店が閉店したら、マジでパーコー麺食えなくなるってこと?」「大変お世話になりました。悲しみ」「パーコー麺はおそらく食べられなくなるので、今のうちに」と、トレンドに入るほどの話題に。


 肉の万世によると、パーコー麺は現在秋葉原本店のみで提供されており、今回の閉店をもって「いったん終了」となる。ただ、復活も検討しているとのこと。ネックになっているのは賃料などのコスト面だが、ネガティブには考えていないという。それは本店閉店へ寄せた「まんせい肉ビルは歴史を閉じますが、またもーちゃんぶーちゃんと帰ってきます」というメッセージにも表れており、この地に帰ってくるという意気込みを明かしてくれた。なお、閉店メッセージには縦読みも仕込まれており、こちらも「気が付かなかった」「泣ける」と話題になっている。


 秋葉原本店が閉店するとの知らせを聞いて、パーコー麺を求める利用者が列を作った。肉の万世のパーコ麺は3月31日まで提供される。


このニュースに関するつぶやき

  • 有楽町ビルの地下で食えたけど廃ビルになった。あのビルの地下食堂街は穴場で好きだったんだけどね。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(53件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定