奈緒主演、男女の性差に対峙する鳥飼茜の漫画『先生の白い嘘』実写映画化 監督は三木康一郎、脚本は安達奈緒子

1

2024年02月21日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

奈緒主演、映画『先生の白い嘘』7月5日公開決定(C)2024「先生の白い嘘」製作委員会 (C)鳥飼茜/講談社
 俳優の奈緒が主演する映画『先生の白い嘘』が、7月5日より劇場公開されることが明らかになった。2013年から17年まで「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載された、鳥飼茜の同名漫画(全8巻)が原作で、主人公の女性が抱える「自らの性に対する矛盾した感情」や、男女間に存在する「性の格差」に向き合う姿を描き、読者から大きな反響を呼んだこん身の一作を実写映画化した。

【画像】鳥飼茜による漫画『先生の白い嘘』書影

 映画『事故物件 怖い間取り』(20年)やドラマ『あなたの番です』(19年/日本テレビ)で、脳裏に焼き付いて離れない強烈な個性を放つキャラクターを巧みに演じる一方、ドラマ『あなたがしてくれなくても』(23年/フジテレビ)では、女性の複雑な心情をリアルに表現するなど、枠にとらわれない確かな演技力で活躍している奈緒。

 本作で演じる高校教師・原美鈴(はら・みすず)は、親友の婚約者である男性から強制的な関係を求められているにも関わらず、彼との行為を通して「性への欲望・快楽への渇望」が芽生えたことに気づき、矛盾する感情の狭間でもだえ苦しむひとりの女性。

 平凡な教師を装っていた彼女が、担任する男子生徒・新妻の不倫疑惑事件をきっかけに、それまで見て見ぬふりをして“嘘”で誤魔化し続けていた、自身の中に潜む醜い膿のような感情に向き合っていく。

 男女の「性差」を「格差」として振りかざす男性に対して、真正面から対峙する難役に「この作品と共に苦しみ、この作品と共に闘うことを心に誓い出演をお受けいたしました」と強い覚悟をにじませる奈緒。ジェンダーのタブーに触れる繊細なテーマでありながら、美鈴という役柄に真摯(しんし)に向き合った奈緒の新境地に注目だ。

 多くの人が心の奥底では感じていながらも、はっきりと言葉にされず目を背けられてきたであろう男女の性の不平等に、真正面から切り込んでいく本作の監督を務めるのは、『恋わずらいのエリー』(24年)、『弱虫ペダル』(20年)、『植物図鑑 運命の恋拾いました』(16年)など数々の作品を手掛ける三木康一郎。

 「男女の性の格差や性被害を描いた原作は、男である私にとって、センセーショナルで、未知のもので、そして、思いもしない感情が渦巻いているものでした。それはとても衝撃的で、より具体的に伝えられたらと映像化に向けて動き出した」と、長い監督人生の中で初めて自ら映像化を熱望したという。原作に描かれる衝撃的な性の描写に、実写化は難しいといわれながらも、何年も粘り続けた監督の並々ならぬ熱意と、本作の魅力に共感した主演の奈緒の覚悟によって、実写映画として製作が実現した。

 脚本は、『透明なゆりかご』(18年、NHK)や『きのう何食べた?』(19年、23年/テレビ東京)、連続テレビ小説『おかえりモネ』(21年、NHK)などの安達奈緒子が、三木監督の想いを受けて手掛けた。

 本作は、劇映画では初となる「3面ライブスクリーン」での上映も決定。3つあるスクリーンを横長につなげたワイドな画角や3つのスクリーンにそれぞれ異なる画を映す演出、通常の本編には入っていない追加カットなど、独自の演出方法によって、人々の心情に訴えかける新しい表現の可能性にも挑戦している。

■奈緒のコメント 
 原作漫画『先生の白い嘘』と出会った時の衝撃を今でも覚えています。埋もれてしまっていた誰かの叫びが自分の耳を突き抜けていくような感覚でした。そして、その誰かの一人である"美鈴"として、この作品と共に苦しみ、この作品と共に闘うことを心に誓い出演をお受けいたしました。社会の中で弱者と強者という構図は、今もなおなかなか無くなりません。いつかそんな言葉さえなくなり一人一人が"自分"を受け入れられる世界を切に願っております。

■三木康一郎監督のコメント
 鳥飼先生のこの原作を映像化したいと動き出してから7年以上の月日が流れました。当時は性被害に関してはどこか他人事のような世の中で、映像化したいという思いもなかなか伝わらなかったことを覚えています。男女の性の格差や性被害を描いた原作は、男である私にとって、センセーショナルで、未知のもので、そして、思いもしない感情が渦巻いているものでした。それはとても衝撃的で、より具体的に伝えられたらと映像化に向けて動き出したのです。今までの知識や感情は全て捨てて、原作に向き合い、闘い続け、完成させた7年でした。そんな映画『先生の白い嘘』が皆さんの目にどう映るのか?正直、不安と期待が渦巻いています。

このニュースに関するつぶやき

  • 焦った〜っ ������������ӻ����� 声優の三木眞一郎さんが、映画監督をするのかと思った。���顼�áʴ��
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定