子安武人『マダム・ウェブ』ネタバレできず戸惑い 役柄は「チラシに書いてある通り」 あまりにいい声で声優陣も魅了

7

2024年02月21日 20:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

良い声で声優陣も魅了した子安武人 (C)ORICON NewS inc.
 声優のファイルーズあい、伊瀬茉莉也が21日、都内で行われた映画『マダム・ウェブ』(23日公開)の日本語吹替版のプレミア上映ナイトに参加した。

【写真】ファイルーズあいのイタズラに驚く子安武人

 『スパイダーマン』シリーズのソニー・ピクチャーズによるマーベル初の本格ミステリー・サスペンス。ある事故をきっかけに未来予知の能力が目覚め、3人の少女が黒いマスクの男に殺される悪夢のようなビジョンが視えてしまったキャシーは少女たちを助けることを決意する。偶然キャシーと出会った「重要な使命」を持つ3人の少女たちのうち、ジュリアの吹替は潘めぐみ。アーニャ役はファイルーズあい。マティ役は伊瀬茉莉也が担当。少女たちを執拗に追い続ける今作のヴィランである謎の黒いマスクの男・エゼキエル役は子安武人が演じる。

 子安は「謎の男と言われていますけど、名前はエゼキエル。どういう風なキャラクターで、どういう風に絡んでくるのかというのは、チラシに書いてある通りです」と説明。「3人娘を追っかけてる。なんで追っかけているのかっていうのもチラシに書いてあるかな、うなされてるって。その通りです」とネタバレを警戒するあまり“公開情報”だけを話して笑わせた。

 また、追いかけられた側だった潘だが「この声に追いかけられるの、ちょっと楽しかった」とあまりにいい声に感激したそうで「収録中に実際にお声聞かせていただいたシーンとかもあったんです。怖かったですよ」とにっこり。子安は「潘ちゃんに言われるなら別に全然」と甘い声で少しだけデレっとし、3人娘は「そっち引っ張られちゃいそう」とキュンキュンしていた。

 吹替について子安は「本物の役者さんが素晴らしいお芝居してるので、なるべくそっちに寄り添うようにやりたいなっていう風には思ってました」と明かす。完成した作品を見て「面白かったです。すごく。吹替、大好きですね、見るのもやるのも。画面に集中できるし、隅々まで見られたりとか、表情も見られたりと。字幕のよさっていうのはもちろんあるんですけど、やっぱり吹替のよさっていうのは、何も考えずに画面に没頭できるみたいな。皆さんのお芝居もステキで。やっぱり吹替大好きだなって 思いました」としみじみ口にしていた。

 イベントには、大島優子、潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、萩原聖人も参加した。

このニュースに関するつぶやき

  • 太ったな〜、でも伏鄂喙い郎埜紊離掘璽鵑波稟修ら称賛にと、見事でした(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

オススメゲーム

ニュース設定