スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円

0

2024年02月22日 06:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

Echo Hub

 アマゾンジャパン(Amazon)は2月22日、Alexa対応のスマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を発売する。同社のECサイト「Amazon.co.jp」限定販売で、価格は2万5980円(税込み)だ。


【その他の画像】


●Echo Hubの概要


 その名の通り、Echo Hubはスマートホームデバイスのコントロール機能に特化したスマートディスプレイで、2023年9月に国内投入が発表されている。


 基本的な機能は、既存のスマートディスプレイ「Echo Showシリーズ」と近しいが、カメラが非搭載である他、標準のホーム画面がデバイスのコントロールに最適化されているなど、目的に最適化されている面もある。家の誰もが通りうる“通路”に設置すると最適だという。


 本端末でコントロールできるのは、スマートカメラ(※1)、照明、スマートロック、スマートプラグ、エアコンやAlexa対応スマートスピーカー/スマートディスプレイなど多岐に渡る。Wi-Fi(無線LAN)やBluetoothに加えて、Zigbee/Thread規格の通信にも対応しており、ハブとしてAlexa対応デバイスだけでなくMatter対応デバイスも制御できる。


(※1)Amazon.com傘下の「Ring」ブランドのスマートカメラではスナップショットの撮影も可能です(「Ringプロテクトプラン」への加入が必要)


 本体の背面には電源ポートとしてUSB Type-C端子が用意されている。このポートにPoE(Power Over Ethernet)コンバーター機能(※2)を備えるUSB Type-C有線LANアダプターを接続すれば、Wi-Fiの代わりに有線LANでネット接続することも可能だ。電源ポートをUSB Type-C端子としたのは、電源の取り回しを配慮した結果だという。


 なお、本製品は付属の壁掛け金具で室内壁に直接設置することを前提としており、金具を固定するための木ネジも付属する。海外ではオプション品でスタンドも用意されているが、日本では販売されない。また「Echo Show 15」のように、Amazon公認のホチキスで固定できる金具も用意されないので、設置の際は注意が必要だ。


(※2)「IEEE 802.3AT/PoE+/Type 2」または「IEEE 802.3bt/PoE++/Type 3」に準拠している必要があります


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定