Apple、「iOS 17.4」の「iMessage」に量子コンピューティング攻撃防御の「PQ3」搭載へ

1

2024年02月22日 06:11  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

 米Appleは2月21日(現地時間)、同社のE2EEのメッセージングサービス「iMessage」に“画期的なポスト量子暗号プロトコル”の「PQ3」を導入すると発表した。“iMessage史上最も重要な暗号セキュリティアップグレード”という。3月に予定しているiOS 17.4、iPadOS 17.4、macOS 14.4、watchOS 10.4のリリースで展開する計画だ。


【その他の画像】


 PQ3は、高度な量子コンピューティング攻撃からメッセージを守るための堅固な暗号化と防御を提供する。そうした攻撃が実行されるのはまだ何年も先だとAppleは考えているが、ポスト量子認証の必要性を評価しているという。


 「実用レベルの量子コンピュータはまだ存在しないが、豊富なリソースを持つ攻撃者は、データストレージコストの低下を利用して量子コンピュータの出現に備えている可能性が高い。こうした攻撃者は、現在はまだ復号できないデータを蓄積し、復号可能になる時を待っている。これはHarvest Now, Decrypt Laterとして知られる攻撃シナリオだ」。


 Appleによると、PQ3はポスト量子防御に関してE2EEメッセージングサービスのSignalを超えているという。「PQ3ではポスト量子セキュアアルゴリズムはラチェットの一部であり、Signalのように初期化時に1回だけではなく、繰り返し使用される」。


このニュースに関するつぶやき

  • 豊富なリソースを持つ攻撃者、って具体的に誰なんだろう。想像つくけど。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定