『大奥』第6話 “倫子”小芝風花、“お知保”森川葵の出産に悩みを深めていく

0

2024年02月22日 08:41  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

『大奥』第6話より (C)フジテレビ
 小芝風花が主演を務め、亀梨和也が共演するドラマ『大奥』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第6話が22日の今夜放送される。

【写真】家治(亀梨)と田沼意次(安田顕) 『大奥』第6話場面カット

 本作は、さまざまな人間の思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く“女の社会の縮図=大奥”で、たった1つの愛を得ようともがく女たちの闘いを描いていく。2019年に『大奥』シリーズの完結作として放送されたフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』以来約5年ぶりに『大奥』がより一層進化を遂げ、はかないラブストーリーとして2024年1月期の木曜劇場枠へ帰ってくる。

■第6話あらすじ

 倫子(小芝)は、打ち掛けの裾を踏まれて倒れてしまったお知保(森川葵)に慌てて駆け寄る。倫子は女中たちを糾すが、徳川家治(亀梨)の子を宿せぬことを揶揄されてしまう。身ごもってからは家治のお知保への御渡りはない、所詮は腹を貸し出しただけとかばうお品(西野七瀬)を倫子はたしなめる。騒ぎの中、やってきた家治は次第を聞き、松島にしかるべき処分をするよう命じる。

 倫子は家治の御渡りはあるものの、一向に妊娠の気配がなく焦っていた。お品は倫子に「そんなにお子が欲しいのですか」と問いかけると、倫子は家治と家族を作り、愛する人の子を自分の手で育てたいと返す。そんな倫子のために、お品はいつもの蔵で倫子の食事について葉山貞之助(小関裕太)に相談。だが、相談を終え、それぞれに蔵を出るお品と貞之助の姿を朝霧(華耀きらり)に目撃されてしまう。

 ほどなくしてお知保は子どもを出産。倫子は家治に祝いを述べるが、家治は子に会っていないと言う。そして倫子はなぜ自分には子どもができないのかと悩みを深める。

 その頃、療養中の田安宗武(陣内孝則)のそばには、心配そうに控える松平定信(宮舘涼太)がいた。そんな定信を近くに呼び寄せ、宗武は耳元である言葉を告げる。

 ドラマ『大奥』はフジテレビ系にて毎週木曜22時放送。
    ニュース設定