「小5の私と5歳の妹がフェリーの甲板で休んでたら、5人の見知らぬオジサンたちが代わるがわる...」(大阪府・60代女性)

2

2024年02月22日 11:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

フェリーで大阪に帰る途中で...(画像はイメージ)

シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 投稿者:Nさん(大阪府・60代女性)

その日、Nさんが乗ったフェリーは台風の影響で大きく揺れていた。

幼い妹の具合が悪くなったので、2人で甲板のベンチで休んでいると......。

フェリーで大阪に帰る途中で...(画像はイメージ)
フェリーで大阪に帰る途中で...(画像はイメージ)

<Nさんの体験談>

私が小学5年生、弟が2年生、妹は5才の時、子供だけで大阪から九州に行きました。

帰りはおばあちゃんが合流し、一緒にフェリーで大阪に帰ることになったのですが、台風の影響で船がすごく揺れて、妹が船酔いになってしまいました。

目を覚ますと「大丈夫だからね!」

私は妹を連れて甲板に出て、ベンチに横になりました。

するとそこに、見知らぬおじさんがやって来て、「大丈夫か?気持ち悪いんか?」と聞いてくれました。

「はい」と答えると、毛布と飲み物を持って来て、優しくこう言ってくださったのです。

「安心して寝ていいよ、ちゃんと側に居るからな!」
夜のフェリーでおじさんが...(画像はイメージ)
夜のフェリーでおじさんが...(画像はイメージ)

最初のおじさんだけでなく、5人のおじさんが交代で見守ってくれて、私と妹はそのおかげで安心して寝ることができたのです。

雨が降って寒かったのに、時々目を覚ますと「大丈夫だからね!」。朝になって港に着くと、「もう大丈夫だからね、偉かったね〜」と頭をポンポンしてくれました。

あのときは子供だったから、名前を聞くのを忘れていて......! でも、皆さんのことは一生忘れません。本当にありがとうございました。

今思うと胸が熱くなります。私も、おじさんたちみたいな間になりたい。少しは近づいているのかな。

「忘れられない旅先での思い出」教えて!

Jタウンネットでは読者の皆さんが経験した「旅先いい話」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

このニュースに関するつぶやき

  • そっちですか。反省してください。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定