Geminiの画像生成機能が停止中 ダイバーシティ過剰適応問題対策で

0

2024年02月23日 07:31  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

「残念ながら絵は描けない」という返答

 米Googleは2月22日(現地時間)、マルチモーダルな生成AIツール「Gemini」で人物の画像を生成する機能を一時的に停止し、「一部の歴史的描写における不正確さ」を修正すると公式Xアカウントで発表した。その数時間後には、「Geminiの画像生成に関する問題への対処に既に取り組んでいる。その間、人物の画像生成を一時停止し、改善版をすぐに再リリースする予定」とポストした。


【その他の画像】


 本稿執筆現在、絵を描くよう指示すると、それが人物以外であっても「残念ながら、画像を直接生成することはできません」と言われてしまう。


 ネット上では、Geminiによる不適切な歴史的表現の例が指摘されている。たとえば、1800年代の米上院議員を描画するよう指示した際に、1922年まで選出されなかった女性上院議員や、ドイツのナチス軍兵士の画像としてアジア系の女性が表示されるなどの事例がX上に投稿された。


 Googleはこれに対して、「Geminiが生成する人物画像は多様性に富んでおり、これは世界中のユーザーにとって肯定的なことだが、今回のケースでは的を射ていなかった」とコメントしている。


 Geminiが人物画を描く際にダイバーシティに過剰適応していることは本稿筆者も感じていた。人種を特定せずに指示を出すと、白人の絵が生成されることが極端に少ないのだ。以下は2月10日に生成した「神社で祈っている着物の女性」の画像だ。ChatGPT Plusに同じ指示を出すと、日本人的な女性の画像が生成される。


 生成AIでは、そのトレーニングデータの偏重により、ダイバーシティに関する問題が指摘されることが多い。Geminiの画像生成ではそれを重視するあまり、過剰適応したようだ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定