『不適切にもほどがある!』第5話 “市郎”阿部サダヲ、“渚”仲里依紗の父と対面し“ある写真”を見せられる

0

2024年02月23日 08:41  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』第5話より (C)TBS
 阿部サダヲが主演し、宮藤官九郎が脚本を務める金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が23日の今夜放送される。

【写真】錦戸亮が昭和パートの“重要な役柄”を演じる 金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』第5話場面カット

 本作は、昭和の世を生きていた主人公のおじさん・小川市郎(阿部)がひょんなことから2024年の現代へタイムスリップしたことから始まる意識低い系タイムスリップコメディ。昭和のダメおやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す姿をコミカルに活写する。市郎がタイムスリップした令和で出会うシングルマザー・犬島渚役に仲里依紗、市郎と同じ1986年に生き、とあるアイドルに心酔しているムッチ先輩に磯村勇斗、そして市郎と逆で、2024年から1986年に息子とともにタイムスリップする社会学者の向坂サカエを吉田羊が演じる。

■第5話あらすじ

 「父親に会ってほしい」と渚に連れられた市郎は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面する。なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎にある写真を見せる。

 一方、昭和では、サカエがひょんなことからキヨシ(坂元愛登)のクラスに不登校の生徒がいることを知る。キヨシも令和では不登校だったと知った純子(河合優実)は「その子の話し相手になってあげれば」と提案。SNSのない時代にどう連絡を取ったらいいものかと頭を抱えるキヨシだが、昭和ならではの“ある連絡手段”を思いつく。

 金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』はTBS系にて毎週金曜22時放送。
    ニュース設定