広島、オープン戦快勝発進 田村が先制打含む3安打2打点、中村健OP戦1号

3

2024年02月23日 17:11  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

初回の第1打席に右中間突破の適時三塁打を放つ広島・田村俊介
オープン戦
● 中日 0 − 10 広島 ○
<2月23日・アグレスタジアム北谷>

 広島が今季初のオープン戦に快勝。投打とも若手のアピールが目立った。

 広島打線は初回、中日先発・盒狭┐紡个契萋の田中が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、続く田村は適時三塁打を右中間へ弾き返し1・2番の連続長打で先制。さらに無死三塁で、3番・小園の二ゴロの間に2点目を奪った。

 3回は中日2番手・土生に対し、一死から2番・田村、3番・小園が連打。二死二、三塁後、5番・坂倉の中前2点適時打で4−0とした。4回は小園の押し出し死球により5点目。5回は途中出場の中村健が、オープン戦チーム1号ソロを左翼席へ運び6点目を奪った。

 6回以降も小園の適時三塁打などで4点を加え、計14安打10得点。田村は7回にもチーム10点目となる右前適時打を放ち3安打2打点とオープン戦初戦から大暴れ。小園は2安打3打点をマークし、シーズン中も期待される上位打線がつながりを見せた。

 投げては先発登板した益田が3回無安打無失点の快投。2番手の黒原も3回2安打無失点と好投した。7回は栗林、8回は塹江、9回は河野が1イニングずつ無失点。5投手による完封リレーで中日打線を計4安打に封じ込めた。

このニュースに関するつぶやき

  • 広島の打者はまあよく振れている。ポップフライばかり打ち上げる中日とは大違い。特に、田村は西川の穴を埋めるどころか、超えるくらいの覚醒の予感。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定