109シネマズで“何・か・が・変”なドリンク発売 映画『変な家』とコラボした劇場マナーCMも登場

6

2024年02月23日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『変な家』(3月15日公開)(C)2024「変な家」製作委員会
 俳優の間宮祥太朗、佐藤二朗がダブル主演する映画『変な家』(3月15日公開)と映画館との“何・か・が・変”なコラボレーションが決定した。109シネマズでは、“何・か・が・変”なドリンクを発売。“何・か・が・変”な劇場マナーCMが全国のイオンシネマ、T・ジョイ、109シネマズの各劇場で上映されるほか、YouTubeでも見ることができる。

【動画】間宮祥太朗&佐藤二朗による“なにか・が・変”な劇場マナーCM

 全国の109シネマズで3月15日より発売されるドリンクは、その名も「何・か・が・“変”な××さくらソーダ」(550円※税込)。同映画のティザービジュアルにも使用されているピンクカラーのさくらソーダ味のドリンクには隠し味として何かが入っている。謎の隠し味にゾクッとすること間違いなし!?このドリンクを購入すると、全国で2000人限定で特製ステッカーもついてくる(※劇場により数に限りあり。なくなり次第終了)。

 一方、30秒のマナーCMは、佐藤の「これはある映画館のマナーCMです」という呼び掛けから始まり、「栗原からの電話に出る雨宮」や「柚希の呼びかけに驚く雨宮」など映画の本編映像をふんだんに使用した映像となっている。そのほかにも【全力疾走で走る栗原】【不法侵入する雨宮と柚希】【パフェを食べる栗原】【怪しいマスク】など、ゾクッと&クスっとする“何・か・が・変”な劇場マナーCMに仕上がっている。

 本作は、動画クリエイター・雨穴(うけつ)がYouTubeに投稿した、「これは、ある家の間取り図です。あなたにはこの家の異常さがわかりますか?」というナレーションと、並べられた2つの間取りから始まる動画をきっかけに、書籍化、コミック化されてきた作品を実写映画化したミステリー。

 間宮演じる売れないオカルト専門動画クリエイター・雨宮(あめみや)が、一枚の変な家の間取り図と出会ったことから次々と事件に巻き込まれていく。雨宮とバディを組み間取りの謎に迫る一風変わった設計士・栗原役を佐藤、本作のヒロインで間取りの謎のカギを握る人物・柚希(ゆずき)役を川栄、雨宮の担当マネージャー・柳岡役をDJ松永が演じる。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • さくらのソーダの底にはね・・・ さくらソーダ味のドリンク・・・うん、ナニかが変に思える。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定