Snow Man佐久間大介、スタッフだと思い“知らないおじさん”と弁当食べる「マジで知らない人でした(笑)」

0

2024年02月23日 18:31  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

映画『マッチング』初日舞台あいさつに登壇した佐久間大介  クランクイン!
 Snow Manの佐久間大介が23日、都内で行われた映画『マッチング』初日舞台あいさつに共演の土屋太鳳、金子ノブアキ、真飛聖、杉本哲太、斉藤由貴、内田英治監督と共に出席。撮影の昼休みに起こったエピソードについて話す場面があった。

【写真】佐久間大介、出演作公開日に「うれしい〜!」

 本作は、マッチングアプリによって増えた“出会い”の裏に仕掛けられた恐怖を完全オリジナルで描くサスペンス・スリラー。ウェディングプランナーとして仕事は充実しながらも恋愛音痴な主人公・輪花役を土屋が、輪花とアプリでマッチングする“狂気のストーカー”永山吐夢役を佐久間が演じる。

 冒頭に佐久間は「撮影期間から考えると1年半ぐらい経ちまして、今日やっと公開なので、気持ちを素直に伝えたいと思います。うれしい〜!」と元気よくあいさつ。「愛にあふれる作品なので、今日もたくさん愛が生まれる会にしたいと思います」とほほ笑んだ。

 撮影でのエピソードを聞かれると内田監督は「昼休みになって歩いていたら、佐久間くんが知らないおじさんと弁当を食べてた」と佐久間の行動を暴露。佐久間は大笑いしながら「スタッフさんなのかな? と思ったらマジで知らない人でした(笑)」と明かし「聞いたら『違うよ』って言われて、『えぇ!? そうなの!?』みたいな。気さくな人だったので…」と説明した。

 作品にちなみ「今年、マッチングしたい人・もの・こと」を発表する場面で佐久間は「内田英治監督」と回答。今作で監督の人柄を知ることができ、素敵な人だと思ったと振り返り「今後も『マッチング』だけではなく、内田監督と一緒に何かできたらいいなと思って」とラブコールを送った。土屋は「時間とマッチング」と告白。「時間をもっと味わいたいなと。今、育児と仕事と一緒にやっているんですけど、時間が早すぎて。(時間を)かみしめたい」と語っていた。

 映画『マッチング』は公開中。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定